あるピアニストの一生
クイズ クイズ クイズ  くいずなのだ。

                             挑戦してみるかい。自信喪失してもしらねえよ。

 

<上級編>    プロのピアノ教師クラス

☆第一問 次の記号の説明のうち異論があるものはどれでしょう。

1。Allegro 速く  2。Andante やや遅く  3。Adagio きわめて遅く

 回答を表示

☆第二問 dim.とdecresc.はどう違うのか。

1。全く同じ  2。意味は同じだが、使われていた年代が違う。  3。意味も少し違う。

 回答を表示

☆第三問 音符の上にターン、その上にプラルトリラーが記されているもの(プラルトリラー的二重打音)があります。前古典派の曲でちょくちょく見かけますが、その奏法は? たとえばドについていたとして、

1。ドレドシド  2。レドレドシド  3。レドシドレド

 回答を表示

☆第四問 次の文章は正しいでしょうか。

 短前打音と呼ばれる装飾音は、理論上はその音価を主音符から削ることになっている。それを装飾音の前の音から削る弾き方、いわゆる近代奏法はロマン派の時代に始まった。ピアニストの中には古典派の音楽までその奏法を使う者がいる。外国のピアニストの中にはバロック音楽まで近代奏法でやってしまう者もいる。これらは音楽史的に見れば誤りであって、してはならないことである。

 回答を表示

☆第五問 作曲家にはクセがあります。用語の使い方でたとえばショパンのanimatoはテンポを速くしろと言う意味が含まれていると考えられるという説が有力です。 ではブラームスのsostenutoには通常にないどのような意味が含まれているでしょう。

1。tempo rubato  2。calando  3。molto riten.

 回答を表示

☆第六問 楽典に記されている説明と実際の演奏法が相当食い違っているものはどれか。

1。スタカート・・・音価を二分の一に

2。Una Corda・・・左ペダルを使って

3。フェルマータ・・・音価を二倍ないし三倍に

 回答を表示

☆第七問 西洋音楽においてはリズムは常に流れているもので、決してとどまってはならない。しかし例外的に音楽の流れが停止される場合がある、それは次のうちどれか。

1。複縦線  2。偽終止  3。フェルマータ

 回答を表示

☆第八問 

 古典派の音楽は拍節を最も重視した音楽であり、従っていわゆるアゴーギグ、テンポの変化は多用してはならない、というのが少なくともプロの音楽家の間の共通了解事項であると思われます。さてそれでは、古典派の協奏曲のカデンツァはどうなるのでしょうか。

1。逆にアゴーギグを多用した方が良い。

2。通常より多用しても許される。

3。やはりアゴーギグを多用してはならない。

 回答を表示

☆第九問  西洋人と日本人のリズムの感じ方の違いに大きな影響を与えたとは断言できないものはどれか。

1。脳の違い  2。生活習慣の違い  3。言語の違い

 回答を表示

☆第十問  ピアノの練習に当たって最も大切な身体の部分は、その重要度から順番に

 1。指、耳、頭  2。耳、指、頭  3。頭、指、耳

 4。耳、頭、指  5。頭、耳、指  6。指、頭、耳

であり、各部分について最も肝要なことは、指は

 1。筋力を付けること 2。速く回るようにすること 3。指先の感覚を身につけること

耳については、とりわけ

 1。音、リズムの間違いを直ちに聞き取れること  2。自分の音をよく聴くこと

頭については

 1。楽曲分析 2。イメージを思い浮かべること 3。隅々まで計算し尽くすこと

である。

 回答を表示

 

<結果診断> 1問10点

 80点以上・・拍手! 脱帽! 今後ともよろしくご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

 50~79点・・あなたは一流のプロ教師です。

 49点以下・・がっかりすることはありません。知るは一時の恥、といいますでしょ。

 

<おまけ>

☆第一問 私の唯一の著書の名前は

 1。どうすればピアノがうまくなる

 2。どうすれば美人になる

 3。どうすれば頭が良くなる

 4。そんなん知るか

☆第二問 その本の出版者の名前は

 1。素人(そじん)社

 2。素人(しろうと)社

 3。玄人(くろうと)社

 4。玄人(げんじん)社

☆第三問 おそらく世界中でその本にしか記されていないノウハウは何か

 1。ピアノの食べ方

 2。ピアノの壊し方

 3。ピアノのかつぎ方

 4。ピアノの選び方

<解答・解説>

☆第一問 

 1に決まってるでしょ。ただしハウツー本ではない。わたしとしては「おしゃべりコンサートがやってきた」という題名にしたかったんだけど、出版者の意向でこうなってしまった。中身は爆笑エッセイ。これを読んで一度も笑わない人がいたらお目にかかりたい。

 2と答えた人へ・・私、男なんですけど。

 3と答えた人へ・・「どうすれば頭が悪くなる」という本なら書けそうな気がする。

 4と答えた人へ・・正直な方ですね。私も自分が解答者ならこれにします。

☆第二問

 1です。しろうと社と読まれて困るとぼやいてはりました。だったら初めからそんな名前にするなっつうの。

☆第三問 

 1です。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。