あるピアニストの一生
1973/1/5(金) 第1回ピアノおさらい会 @田所宅 13:30開演

<第1部>

1.練習曲(バイエル)、チューリップ(井上武士)
2.練習曲(バイエル)、カッコー(田所編)
3.練習曲(バイエル)、小鳥になって(ドイツ民謡)
4.練習曲(バイエル)、小さなワルツ(平井淑子)
5.練習曲(バイエル)、人魚の歌(ウェーバー)
6.練習曲(バイエル)、ガスコーニュの兵士たち(ウェルド)
7.練習曲(バイエル)、そよ風(ツエルニー)
8.練習曲(バイエル)

<第2部>

1.金の星(ストリーボッグ)
2.牧歌(ブルグミューラー)
3.小さな歌(カバレフスキー)
4.アムプロムプチュ Op90の2(シューベルト)

<第3部>

1.タランテラ(ブルグミューラー)
2.ソナチネOp36 No.2(クレメンティ)
先生 ロンド カプリチョーゾ(メンデルスゾーン)
□ おかあさんのコーラス
□ おたのしみ?

生徒数 14人

73年というとまだ京大在学中、これだけの生徒を教えていたのかと思うと頭が上がりませんな。生徒のレベルはそれほど高くないようで、バイエルと何か、という2曲弾かせていたようです。年明け早々、金曜日の昼なんかに開いて大丈夫やったんか、と思ってしまいますが。

トップへ戻る  

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。