あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

間宮芳生 ピアノの小径    カワイ楽譜   

 間宮芳生さんは、私の知る限りでは土俗的というか、やや日本的なものを取り入れた作品を発表されている方です。子供のためのピアノ作品はこの曲集くらいしか私は知りません。なお作者によれば、最後の二曲を除いて組曲として弾けるということです。

番号 曲名 難易度 評価
 1 スタディー Ⅰ   7  C
 2 スタディー Ⅱ   8  C
 3 スタディー Ⅲ   7  B
 4 オルゴール   9  B
 5 ロシアのうた   9  C
 6 ダンス  10  C
 7 尺とり虫のインヴェンション  10  B
 8 少年のヨーイク  10  C
 9 少女のヨーイク  10  B
10 つむじかぜ  10  C
11 3段とび変奏  10  B
12 夕ぐれのうた  11  A
13 河のほとりで   9  B
14 さびしいけれど、私は泣かない  10  B
15 ピョートル  11  C
16 アシル   9  A
17 バルカンの歌   8  B
18 黒と白と  13  C
19 ふなうた  10  B
20 ブンブン  11  B
21 ハーディーガーディー  11  A
22 オスティナート  10  B

1~3.これは本来続けて弾くべきかもしれない。単独で一番曲としてまとまっていると思われるのは3.

4.主旋律はそのままオルゴールに使えそう。中間部の32分音符をテンポ通り弾けるかどうか、かといって全体を遅くするのは雰囲気が壊れるというか、最後がもたなくなるし・・

5.しみじみ弾くにはペダルが不可欠。

6.手が小さいと難しい。

7.遅く弾くこと。

9.左手は伴奏ではないとあるが、中間部は伴奏なんだろうとおもいます。親指で二つの音を弾く練習にはなる。

10.中間部の右手、スラーに絶対成らない指が記されているが、素早く指換えをするのか、ペダルに頼るのか、それとも出来るだけ延ばすけれど厳密なレガートは諦めるのか不明。

11.この作者独特の美しさ、特に後半が美しい。付点4分音符で数える事はこの遅さでは相当難しいが、それが出来ないと右ページの4連が取れなくなる。右ページ4段2小節目最後のHは3から5への指換え。

13.ペダルは欲しい。最後から2小節目左の和音31とあるがよほど手が小さくない限り32、次が1。

14.これもペダルは必須。

15.何となく「くるみ割り人形」の「序曲」を思い出させる。譜読みは相当面倒。

16.「亜麻色の髪の乙女」が念頭にあると思われる。右ページ2段1小節目最後の右は少し驚く指だが、ミスプリではないと思う。

17.好みの分かれる曲だと思う。

18.指定速度で弾くとかなり困難。クラスターの練習にはなるが、しかしこれ、子供喜ぶかなあ。

19.この曲が好きな子には、この曲集を使えるような気がする。

21.連弾。secondもほぼ同じ難易度。

22.連弾。secondもほぼ同じ難易度。

総合評価        C

 三善晃、間宮芳生と大物が二人続きましたが、いずれも評価は良いとはいえません。子供向けの作品という分野では必ずしも作曲家としての才能が十分に発揮されるというわけにもいかないのでしょう。

 三善さんの作品に比べると遙かに分かりやすい。ただそのわかりやすさが子供にとって「弾きたい」と思うことになるかどうかは別問題。

 世界のあちこちの民謡を元にした音楽が多い。かといって親しみやすいと言うわけでもない。

 独特の美しさの感じられる曲もあります、ただそれも子供によって好みは分かれると思います。

 連弾の2曲が一番使いやすいかもしれない。

 指使いに独特の癖があります。51のクロスを多用します。余り子供には勧められないのだが。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。