あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

田中カレン 光のこどもたち    カワイ出版

前作「星のどうぶつたち」で硬質できらめくような感性を披露してくれた田中カレンさんの曲集。かなり前に出版されているが版を重ねている。

番号 曲名 難易度 評価
 1 光のこども1  6  A
 2 ウミガメ  7  B
 3 ジュゴン  8  B
 4 サンゴ礁  8  C
 5 シロナガスクジラ 10  B
 6 光のこども2  5  B
 7 マウンテンゴリラ 13  B
 8 クロサイ 11  B
 9 グレヴィーシマウマ  5  C
10 アフリカゾウ 11  B
11 光のこども3 10  B
12 スイギュウ 11  B
13 ジャイアントパンダ 10  A
14 ワニ 12  A
15 トラ 15  A
16 光のこども4  9  A
17 ベニコンゴウインコ 10  B
18 キウイ 11  A
19 トキ 11  B
20 カンムリワシ 12  B
21 光のこども5 10  A
22 ウミイグアナ 13  B
23 フクロモグラ 14  B
24 フロリダパンサー 14  B
25 北極グマ 17  B

1.単純ながら硬質で美しい。ただ教材には不向きかも、手が小さいと難易度が跳ね上がる。

2.ゆらゆらと泳いでいるんでしょうね。

3.これも浮遊しているという感じ。15小節のAisは右でとる。

4.どういうサンゴ礁をイメージしているのか私には不明。

5.左手の表現力が試される。

6.繰り返しは付ける。

7.5/8拍子だが、途中、右だけが3+3+4/16となる。そこは人によって極端に難易度が変わると思われる。13というのはあくまで目安。

8.指示速度で弾こうとすると、かなり難しくなる。

9.私には、あまりにも単調に聞こえる。

10.これは象は走ってるんだろうか。

11.1と気分は似ている。

12.東南アジアっぽい。

13.中国風。3段目の右は2123がいいだろう。

14.現代っぽく面白い。教師としては32分音符の速さをどこまで妥協するかだが…

15.これもポリリズムの箇所がある。

16.これも手の大きさでかなり難易度は変わる。

17.色彩感あふれるように。

18.6/8と3/4の混在する面白さ。

19.滅びゆくトキの運命を暗示しているような曲だが、過度にロマンティックにならない方がいいと思う。

20.これもポリリズム。

21.神秘的に

23.左のリズムに慣れるまでは難しいかも。

24.3+3+4でリズムを感じる。

25.最後は空に上って、大グマ座にでもなるんでしょうかねえ。

総合評価     A-

はじめはいまいちかと思いましたが、真ん中で盛り返して、最終評価はA。

ただ、個人的には前作の方が好きです。

全体に単純な書法で書かれており、時にそれが安易に見えるのが、やや気になります。

硬質の響きがほしい。ロマン性は極力廃されている。

左右のリズム処理が異なる作品が難しい。そして人によって、それをどの程度難しいと思うかはかなり差がある。表の難易度にあまりとらわれないように。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。