あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

アルフレッド・ピアノライブラリー リサイタルブック 3 

                 W.A.パーマー/M.マニュス/A.V.レスコー/編著  田村智子訳   全音

曲名 作曲者 難易度 評価
カントリーソング    4  B
海兵隊の賛歌    4  A
谷間に吹く風 アメリカのフォークソング  4  A
アルプスのポルカ    4  B
ジプシー男爵 ヨハン・シュトラウス  5  A
カスタ手ット    4  A
サーカスマーチ ジュリアス フチーク  5  A
ピンクマグとブラウンジャグ アメリカのフォークソング  5  A
ティーポットのガボット    5  A
ジェリコ    4  A
あやつり人形のダンス    4  C
スペインのダンス    5  B
序曲 トマ  5  B
前奏とダンス フォークソング  5  A
フリアント    5  B
メキシカンハットダンス フォークソング  4  B

○カントリーソング お気楽。

○海兵隊賛歌 グローバーのものと同じだが、指使いを8度ポジションにしている。日本の子どもたちの場合は135として、次に2にかえるという方が 一般的かと思う。

○谷間に吹く風 こちらの拡張ポジションは必然。

○アルプスのポルカ 楽しい曲、これもお気楽。

○ジプシー男爵 左にメロディ。

○カスタ手ット メキシコ民謡のチャパネカス。最後の属7の導音を重ねているのが気になるが、難易度の都合上でしょうかねえ。

○サーカスマーチ 半音階の練習になる。

○ピンクマグとブラウンジャグ 「茶色の小瓶」。6度のある編曲。

○ティーポットのガボット 軽いガボット。

○あやつり人形のダンス 長調と短調を交互に持ってきているのがややわざとらしく、こなれていない感じがする。

○スペインのダンス 結局同じことの繰り返し。繰り返しをつけるとしつこいかもしれない。

○序曲 オペラ「レイモンド」のテーマらしい。

○フォークソング 「悲しき天使」。

○フリアント 属7の導音の重なりが気になる。これは避けれるはず。

○メキシカンハットダンス 3ページ目はない方がすっきりしているような気もする。

総合評価     A-

後半少し息切れしましたが、堂々のA。

ほぼ全曲使える。アルフレッドを使っていない先生でも併用曲集として使用可能。

難易度も4~5でそろってます。アメリカ系教本らしくやや軽い曲が多い。

属7の導音を平気で重ねているというのが、「テキストブック」の方でもあったような気がする。ちょっと気になるといえば気になる。

対位法的楽曲はない。この段階ではまだ必要ないという判断なのだろう。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。