あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

アルフレッド・導入コース 併用曲集 レベルF

        W.A.パーマー/ M.マニュス/ A.V.レスコー   田村智子訳  全音楽譜出版社

曲名 作曲者 難易度 評価
おねぼうさん パーマー  5  B
クレメンタイン アメリカのフォークソング  4  A
せんたくブギ    4  A
にぎやかダンス    4  B
ブーレ    5  A
みて かっこいいダンスでしょう パーマー  5  A
ショコーネ ハイチのフォークソング  5  B
かもつれっしゃ    4  C
センチメンタルソング    4  C
シンコペーションソング パーマー  5  B
ほしぞらのもとで パーマー  5  B
二ちょうちょうのピチカート パーマー  5  B
二ちょうちょうのディヴェルティメント パーマー  5  C
二ちょうちょうのタンゴ パーマー  5  B
サラスポンダ    5  A
オー、スザンナ フォスター  4  A

○おねぼうさん 繰り返しはつける。

○クレメンタイン できる生徒には、リズムを付点に変えてやってもいいだろう。

○せんたくブギ よく耳にするメロディー。

○にぎやかダンス 分かりやすいが、さすがにやや単純か。

○ブーレ 子供向きのブーレ。

○みてかっこいいダンスでしょう 和音の練習。かなり長い。

○ショコーネ リズム練習を先にすること、とある。

○かもつれっしゃ いわゆる描写音楽。

○センチメンタルソング さほどセンチメンタルとも思えないが。

○シンコペーションソング 題名通りシンコペーションの練習。

○ほしぞらのもとで 繰り返しの後の右は1。

○二ちょうちょうのピチカート 短2度を面白く。

○二ちょうちょうのディヴェルティメント パーマーに限らず、こういう擬古典的な作品で、いいものはなかなかない。

○二ちょうちょうのタンゴ 最後で雰囲気を変えているが、やや唐突。

○サラスポンダ 繰り返しはつける。少し長い。

○オー、スザンナ かなり易しい編曲。

総合評価     B+

レベルEより評価は落ちました。この難易度ですと、いい曲は結構出てくるので、オリジナルであまり評価Aがない以上、やむをえない 評価です。

難易度は、いつものことながらそろってます。その意味ではとても使いやすい。

アルフレッドの導入コースは、進度もそれほど早くなく、併用曲集自体がおそらく不要。

むしろ、他の教本を使っている人の補助教材になるかも。

アルフレッドにしては、値段が高い(笑)。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。