あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

グローバーピアノ併用曲集 1  東亜音楽社

グローバーの併用曲集はまだあまり取り上げてないんですよね。1巻を見てみます。

曲名 作曲者 難易度 評価
ブラザー・ジョン 民謡  2  B
おやすみなさい 民謡  2  A
いのり マーシュ  3  C
かぜにそよぐ木 ギャロウ  2  B
あなのあいたバケツ 民謡  3  A
冬よさよなら 民謡  2  A
ポリ・ウォリ・ドゥードル 民謡  3  A
それはひみつよ 民謡  3  A
ハイドンのそりすべり    2  B
きらめき グローバー  3  A
ロングロングアゴー 民謡(ベイリー)  3  A
大きなケーキ 民謡  2  B
おつかい 民謡  3  A
ピンクのパゴダ グローバー  3  B
ヤッホー ギャロウ  3  A
誕生日のパーティ グローバー&ギャロウ  3  A
ゆうれい グローバー  3  A
白鳥 ギャロウ  3  B
子守歌 ギャロウ  3  A
オー・スザンナ フォスター  3  A
ピーナッツ グローバー  3  A
みずうみ グローバー  4  B

○ブラザージョン 民謡が使われているのは前半だけ。5度ポジションに収まらないので後半は変えてある。

○おやすみなさい 後半に「メリさんのひつじ」。

○いのり 後半は交差して弾くがこの段階では早すぎるような気もする。

○かぜにそよぐ木 曲自体はいい。メロディを左右で分割してしまうので歌いにくい。

○あなのあいたバケツ ポジションの移動の練習。おもしろい。

○冬よさよなら よく見かける。これは易しいめの編曲。

○ポリウォリドゥードル 手首のダウンアップの練習になる。

○それはひみつよ いい曲です。5の指黒鍵あり。

○ハイドンのそりすべり 「驚愕」の有名な主題を使ったというだけ。

○きらめき これもなかなかいい曲です。

○ロングロングアゴー きわめて簡単な編曲。

○大きなケーキ 民謡らしいが、私は知らない。

○おつかい 聞いたことのあるメロディーの寄せ集めという感じ。面白いけど。

○ピンクのパゴダ 黒鍵ばかりの5音音階。面白いといえば面白い。

○ヤッホー うまく音楽にしている。

○誕生日のパーティ 3つの小曲からなる。お話を想像させるといい。

○ゆうれい 雰囲気を出して。

○白鳥 たとえて言えば、サンサーンスの「白鳥」の伴奏部だけという感じ。

○子守歌 割といい曲です。

○オースザンナ 最も簡単な部類の編曲。

○ピーナッツ 黒鍵ばかりで面白い。ピーナッツを楽しく食べている感じなんでしょうかね。

○みずうみ テンポにもよるが、かなり弾きにくいです。

総合評価    A

民謡とオリジナルがほとんど、で、そのオリジナルも半数がAということで、これは文句なしのA評価。

グローバーの併用曲集1~3は教本よりある意味使えるかも。

難易度3がほとんど、つまりバイエル・メトードローズで言うと下巻に入ったあたり。その二つに限らず、あらゆる教本のぼちぼち併用曲集でもと思った ときに格好の一冊となる。

たまにぺダル指定があるが無視してよい。もちろん使ってもいい。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。