あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

ギロック ピアノピースコレクション 3  安田裕子訳解説   全音楽譜出版社

ギロックはこれが最後でしょうか。それともまだ邦訳されていないものがあるんでしょうか。

番号 曲名 難易度 評価
 1 コサックダンス  2  A
 2 大行列  5  A
 3 フルートの歌とおどり  4  B
 4 電子計算機  5  B
 5 馬に乗って  5  B
 6 夜の旅 10  A
 7 ト長調のエチュード 10  B
 8 ト調のソナチネ Ⅰ  6  B
 Ⅱ感傷的なワルツ  5  A
 Ⅲアラ・カプリッチョ  6  A
 9 カッコウのうた  5  B
10 祭りのおどり  6  A
11 メイプル・リーフ・ラグ 13  A
12 エンターテイナー 10  A
13 スペインのバラ  5  A
14 間奏曲  7  B
15 オペラを見に行って  7  B
16 小さなすずめ  5  A
17 オリエンタル・バザール  4  A
18 ブギ・プレリューード  7  B
19 フィエスタ・マリアッチ 10  A
20 パリの大通りで  7
21 シャンペン・トッカータ 6、9

1.伴奏つき、つまり連弾なのよね。Secondは難易度5。

2.大行列という感じはあまりしないのだが、いい曲ではあります。

3.面白い曲ですがね。中間部は2分の2に感じる方がいいだろうなあ。

4.パソコンが普及した今、こういうイメージは分らんだろうなあ。

5.Asの易しい曲という意味では貴重かも。

6.15小節右手4拍目Bは違和感があるなあ。Hの間違いじゃないのかなあ。Bだとしたら評価B。

7.結構弾きにくい。

8.2楽章は遅めがいいでしょう。3楽章はピアニスティックで弾きやすい。

9.これは編曲もの。ギロックは評価していたんですかねえ、カッコウ、ってのは確かにわかりやすい動機ではあるんですが。

10.これもグルリットのものを編曲。これはとてもすっきりしている。

11.かのジョプリンの名曲の編曲。すっきりはしているが、そんなに易しくなっているわけではない。

12.これはかなり易しくなっている。

13.短いが佳品。

14.こういうのは子供は苦手かな。

15.和音の練習曲でもある。

16.second terzoとも6。ただし、かなり長いので実際は余裕のある腕前が望ましい。

17.いかにも、それっぽい雰囲気。second terzoとも6。

18.secondも7。これは生徒にsecondを弾かす方がいいかも。

19.secondは11。中間部はやや近代風ハバネラ。

20.2台ピアノ。secondは9。second41小節右3拍目EはEsの間違いだと思う。

21.2pianoは9と7。2台8手はめったに機会がないだろうが、もしあれば使える曲である。

総合評価      A

ギロックの寄せ集め集の中では、これがいちばんいいでしょうかね。

連弾、2台用のものが優れていますし、ソロも結構いい作品が収められています。

ただ、生徒に買わせて、順に使っていく、というのはしにくい。難易度がてんでバラバラだし幅がありすぎる。

発表会かなにかで使って、たまに思い出したように与える、という感じになるのでしょうねえ。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。