あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

石井歓 音のメルヘン    カワイ出版

だいぶ古い本ですが、まだカタログに残ってます。石井歓さんはまだご存命でしょう。もう引退してらっしゃるのかもしれませんが。

番号 曲名 難易度 評価
 1 子犬とおさんぽ  7  B
 2 だんだん石だん  6  C
 3 ゆきみちのおつかい  6  C
 4 おいかけっこ  6  C
 5 ペンギンちゃんがやってくる  7  A
 6 小リスのトランポリン  7  A
 7 雪玉ころころ  9  B
 8 小鳥はどこに  8  B
 9 夕日とブランコ  9  B
10 小馬と野原を 10  B
11 お空を飛んだ夢 11  A
12 風とかけっこ 13  C
13 ささ舟にのって 11  B
14 バレエのおけいこ  9  B
15 花の精のおどり 13  B
16 鶴のおどり 13  B
17 エコセーズ  9  A
18 メロディ 13  B
19 エコセーズ 14  B
20 ディベルティメント 14  B
21 カプリチョーソ 14  A
22 即興曲 11  B

1.さりげなく芸術性というものを感じさせるが、子供が感じ取れるかどうか。

2.難しいのは3段目だけ。

3.半音的動きの練習かな。

4.3度スケールの練習。

5.これは面白い。最後を和音にすると格段に難しくなる。

6.前半と後半の弾き方の違い、情景の違いを考える。

7.Aかどうかちと迷うが…。雪玉を作る感じはよく出ている。

8.もっと叙情に徹しても良かったような気がするが。モダンの作曲家という自負がじゃまするのでしょうか。

9.これも中間部のわざと美しさを減じているような部分が気になるのよねえ。出だしは好きなんだが。

10.いろんな情景を想像しながら。

11.ふわふわといい気分になったり、ちょっと怖くなったり。

12.左右の受け渡しの練習。

13.ささ舟に載っているのは、もちろん小さい生き物でしょう。ひょっとしたら一寸法師?

14.石井さんは両手のスケールが好きだねえ。

15.はなやかに、とあるが、何かふんわりしたおっとりしたような感じもある。

17.さりげない佳品。

18.あえて叙情に流れないというのが石井さんの特徴でしょうねえ。

19.情景を想像させるといい。

20.ちょっと練習曲っぽい。うまく脱力しないと激ムズになる。

21.曲集中もっとも派手か。

22.後半ちょっとカッコイイ。

総合評価     B

オリジナルでAが5曲あるので、まあ、こんなものかと。

ただ、子供が飛びついてくるような曲とは言い難い。微妙に大衆性を拒否しているようなところがある。

視覚的というか、動作を描写しているような曲に面白いものが多い。

一つには、作曲家石井歓さんという人がモダンの作曲家で、おそらくはロマン的な抒情性に流れることに対しての拒否反応のようなものを 身につけているのではなかろうかということ。

逆に言うと、ネオロマンチシズムともいわれる最近の風潮にはそぐわない。

両手のスケールを好む、よく出てきます。

特にお勧めというわけではないが、教師は持っているとレパートリーが広がる。発表会などで入れてやるとおそらく目新しい不思議な感じがするかも。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。