あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

樹原涼子 ピアノランドコンサート 中1 ビッグサマー  音楽之友社

このシリーズは大分以前に1冊取り上げています。今回2冊目。

番号 曲名 難易度 評価
 1 やねの上のこねこ  5  A
 2 ノミくんのさんぽ  3  B
 3 森の夕暮れ  4  A
 4 かわいいbaby  3  C
 5 レッサーピョン  4  B
 6 水の精  4  A
 7 ビッグサマー  5  A
 8 なつかしいカノン  4  A
 9 気のあうふたり  4  B
10 フルーツケーキワルツ  5  B
11 ゆりの花  4  B

1.面白いが、最後にグリッサンドがある。小さい子供が大丈夫かどうか。45指の装飾音もあるし、そんなに易しくはない。

2.今の子どもは「ノミ」を知ってるのかね。

3.味わって弾くこと。スカボローフェアをちょっと思い出す。

4.数十年前、同名のヒット曲があったなあ。secondは4。

5.リズミカルに生き生きと。secondは3。

6.これを「水の精」らしく弾こうと思うと、よほど滑らかに弾かねばならないが、ついつい先生は一音一音 はっきりと、なんて指導しちゃうのよねえ、「岩の精」になるね。

7.表題作だけあって、自信の作品なんでしょうね。確かにいい曲です、絶対に連弾ですること。弾くこと自体は たいして難しくないのだが、譜面の理論的理解が危ないかもしれない。secondは6。

8.6手連弾というのは狭くて手がぶつかるので、譜面ずらよりは弾きにくいのです。これは相手を見つけて弾かせてあげたいが。 全パートとも難易度同じ。

9.軽い乗りで。secondは7。

10.もう一度Fに戻るのかと思ってました。戻らないのね。

11.Fのない6音の音階。

総合評価     A-

オリジナル曲集で半数Aとなれば、総合Aにしないわけにはいかないでしょうねえ。まあ、おまけ的なAも あるから、マイナスをつけるということで。

基本的に「のり」のいい曲が多い。出来るだけ合奏をしてやって、子どもにリズムの楽しさを植え付けること。

最大の難点は値段の高さだろうねえ。この薄さで¥1200はないだろうと思うが、まあ、やたらカラフルだし、 製本も特殊だし、しゃあないのかねえ。

以前気になった註のつけすぎは、この本もなんら変わりはないが、さほど気にならなくなった。こちらがほとんど無視しているからかもしれない(爆)

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。