あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

三枝成章 ブルドッグのブルース  カワイ出版 

 20年近く前に出たもの。このころかもう少し後か、三枝さんは人気でテレビのワイドショーなどにも引っ張りだこであった。最近余りお顔をみない。

番号 曲名 難易度 評価
 1 プロローグ  10
 2 ホップ、ステップ、木登りねずみ  16
 3 めがねをかけた仔牛の大冒険  11
 4 間奏曲Ⅰ   8
 5 ホットケーキになったトラ  17
 6 青い目をしたウサギの悲しみ  15
 7 竜のおとしごの不幸な夢  11
 8 へびがみたとってもみじかいゆめ  16
 9 間奏曲Ⅱ   8
10 フォスターさんちの草競馬  15
11 おうまのバラード   8
12 マリーさんの羊は舞踏会  13
13 間奏曲Ⅲ  11
14 ケンタッキーフライドモンキー  12
15 ロックンロール   8
16 おっとっとっと にわとりさん  17
17 ボサノバ ハトポッポ  10
18 ブルドッグのブルース  12
19 お鼻の大きな猪は忘れんぼう  14
20 全員集合  12
21 エピローグ   8

1.これは単独では弾きたくない。3段3小節目右手の4分音符はスタカート気味がいいと思う。(コーダも)

2.速く弾くと相当難しい。

4.手の小さい子はやめた方がいい。

6.最初の詩はぜひ読ませたい。最後の3小節の右手の指はレガートを前提としているようだが、ペダルに任せて構わないのでは。

7.これも詩を読ませるとこどもは笑う。

8.10小節目、右手最初の4はその前の小節との間に間を取ることを意味していると思われる(私は間を取らずに2で弾く方がいいと思うが)。最後の両手半音階、フランス式は困難、ドイツ式でもやむを得ないと思う。

10.この本で一番面白いかもしれない。3ページ2段3小節からは気楽なジャズスタイルで(八分音符を不等分割にして)弾く方がいいと思う。

17.酒を飲みながらぼそぼそ口ずさんでいるような雰囲気。

19.出だしの指、右手、2121241212,4433,左手、3131421214,2233412、の方が易しいと思う。

総合評価    A

 これも非常に優れた曲集である。

 にもかかわらず一般の評価は、「こどもの国」や「虹のリズム」ほどのものがないような感じである。その理由を少し考えてみると、

 対象年齢がやや大きい、技術的にも音楽的にも、また必要とされる手の大きさから判断しても。
たとえば難易度14くらいから上になると、インヴェンションやらソナタやらピアノ学習者にとっては必修曲がめじろおしとなり、こういう曲集の割り込む余地自体が少なくなっていると思われる。つまり需要そのものがあまりないのである。

 少し易しい目の曲にしても、この本の曲はオクターヴが届くことがほぼ前提となっている。小さいこどもにはちょっと苦しいものが多い。

 しかし手の大きいこども、あるいは少し大きくなってからピアノをはじめた生徒たちに、ぜひこの本の何曲かを与えてみて下さい。自由にピアノを弾くということを学ぶことが出来ます。

 基本的にはロマンティックな曲に三枝さんの本領が発揮されています。先生が軽くみんなの前で弾くのにも良いかもしれない。

<追記>

 いよいよネタれになってきました。何がかというと、評価Aの日本人ピアノ曲集です。他にも知っているものは20種類ほどありますが、これまで調べた同一作曲家によるもの以外、私が評価Aだと思うものがなくなりました。一部の作曲家に偏らずに掲載したいのです、しかし存命している作曲家について余り厳しい評価を下すのも抵抗があるんですよねえ。

 どんどんリクエストを下さいませ(素晴らしい曲集でなくとも構いません。こんなの使うな!というのでも)。リクエストがあれば、責任を一部肩代わりしていただいて(笑)、たとえどんな評価を下すことになろうとも取り上げることにしますので。

 なおリクエストは、日本人曲集以外でも結構です。今のところ滅多にありませんので、大抵優先的に取り上げることが出来ます。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。