あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

ピアノスプラッシュ! 1 デニス・アレクサンダー/デイヴィッド・カープ作曲

                             田村智子 訳・解説  全音楽譜出版社

「曲の構成を理解する問題つきピアノ小曲集」といううたい文句がついている。A Splash of Colorと Sensationalはデニス・アレクサンダーの作曲。Jubilant Soundsはデイヴィッド・カープの作曲。

A Splash of Color
曲名 難易度 推薦
緑の森  5  
ブルー ブギ  6
わずかなゴールド  7
ピンクのチューリップ  6  
グレーのみかげ石  7  
オレンジソーダ  6  

○緑の森 落ち着いてゆっくり弾くのだろう。あまり速いと交差のところがしんどい。見た目よりは難しいかな、準推薦。

○ブルーブギ 曲は面白いのだが、これはヘ長調というのは理屈では理解できでも、感覚的にわかりにくいだろうな。 (記入する問題がある)。

○わずかなゴールド 癒し系の音楽かな。ペダル必須。

○ピンクのチューリップ 前曲と雰囲気は似てる。前曲の方が出来はいいだろう。

○グレーのみかげ石 巨大な岩を想像するんでしょうな。ペダル必須。

○オレンジソーダ 軽やかに。問題の答えだが3拍子で数えていいのはコーダの頭、出だしはそう数えない方がいい。

Sensational
曲名 難易度 推薦
はるかなる家  6  ☆
寂しい夜のブルース  5  ☆
スタッカート カプリチオーソ  6  
シンプルなワルツ  6  ☆
フルムーン ライジング  6  
もっとアクセント  7  

○はるかなる家 ゆったりした雰囲気で。ポジションが移動しているので見た目より難しい。

○寂しい夜のブルース あまり軽めに弾くと「寂しい夜」にならない。

○スタッカートカプリチオーソ これも見た目よりは難しい。

○シンプルなワルツ なかなか美しいワルツ。パッセージのritは大きくとって、気分を戻す。

○フルムーンライジング ゆっくりではあるが3オクターブのアルペジオがある。手が小さい人はやめた方がいい。 「満月が昇る」くらいに訳した方がいいと思うが。

○もっとアクセント 基本は5拍子。最後の複調は強烈。

Jubliant Sounds
曲名 難易度 推薦
テキサスタコス  5  
魔女のダンス  5
コサックダンス  8
ダンシングレイン  7  
メキシカンホリデー  7
アレグロヴィヴァーツェ  7
おちついて  7  
楽しいひととき  6  

○テキサスタコス 近代的3度の練習曲みたいなものかな。

○魔女のダンス 音の使い方もリズムも面白い。

○コサックダンス 突然難易度が上がるが、解りやすい。

○ダンシングレイン ポジションの移動が多い。

○メキシカンホリデー 6度の練習曲。楽しく。

○アレグロヴィヴァーツェ 問題にはないが3+4小節構造を抑えておいた方がいい。

○おちついて ちょっとジャズっぽい。

○楽しいひととき 最後は長いけれど易しい曲。

総合評価   A-

少し迷いましたが、半数近く推薦マークがついているということでA。

前書きにあるように、中高生の初心者向き、という感じ。7度、8度ポジションが普通にでてくる。小さい子は 少し使いにくいだろう。

ペダルも必須。ま、これは最近は優れた補助ペダルが開発されているから、小さい子でも問題ないかもしれない。

転調に独特の味のある作品が多い。

アメリカの作曲家らしく、全体にやや軽いかな。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。