あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

夢見るピアニスト こどものピアノ名曲集 2  田丸信明編  ドレミ楽譜出版社

昔からよく取り上げられている併用曲を田丸さんがご自分の観点で難易度別に編集したもの。この巻はバイエル下巻併用とある

番号 曲名 作曲者 難易度 推薦
 1 大好きなワルツ ビーデルマン  4  
 2 おたんじょう日マーチ ケーラー  4  
 3 インディアンのおどり コルトー  4  ☆
 4 人魚の歌 ウェーバー  4  ☆
 5 ロングロングアゴー ベイリー  4  
 6 かわいいオーガスティン ドイツの曲  4  
 7 ライオンの大行進 サンサーンス  4  ☆
 8 スワビア民謡 ケーラー編曲  4  ☆
 9 ワルツ ブレスラウアー  4  
10 こどものカーニバル ストリーボッグ  6  ☆
11 メヌエット バッハ  6  ☆
12 兵士の行進 シューマン  5  
13 ドイツ舞曲 モーツアルト  6  ☆
14 おまつり グルリット  6  
15 五月のそよ風 ロルセーズ  6  
16 チクタク時計 ツェルニー  5  
17 みじかいお話 リヒナー  6  ☆
18 スケーターズワルツ ワルトトイフェル  7  ☆
19 トルコ行進曲 ベートーベン  8  ☆
20 人形の夢と目覚め エステン  8  ☆

2.推薦にするほどの曲でもないんですがねえ。教本では推薦マークをつけたことがあったかな。曲集のなかでは 非推薦にしときますね。

3.これは最近頻繁に取り上げられるようになって来ましたね。

4.これはサブバイエルの3に勝る編曲を知らない。

5.曲はいいのだが、9,11小節の問題点をどう考えるかで教材としての評価は分かれる。

6.フレージングに疑問がある。

7.8.ここらへんまでで、この本は小川一朗さんの「ピアノ小曲集」から大分とっているなということが解る。

9.ブレスラウアーの曲の中では一番いいかもしれない。難易度は3か4か迷うところ。

10.長いということはそれだけで少し難しいのです。

11.Anh.114のト長調。フレージングは昔からあるオーソドクスなもの。

12.オクターブは省いてもいいだろう。

13.右ページ3段目32で3度がある、不可。その段最後からの右手の指は421、次の段242135とする。

14.テンポしだいで難易度が変わる。遅ければ5。

15.スケールの練習にはなる。

16.これもテンポを速くすると難易度が上がる。

17.これもこの手の曲集の定番。

18.どこから拾ってきたのか解らないが、いい編曲。

19.最後の二曲、バイエル後半とは到底いえない相当難しいのが入っている。田丸さんはそういうことをする傾向があるようである (けちをつけているわけではない、がんばったご褒美に、という意味合いであろう)。

20.定番中の定番。

総合評価   B+

昔からある代表的併用曲を集めたもの。

ほとんどが定評のあるもの、何かの本ですでに見たことのあるものばかり。つまり新鮮さはまったくない。 ということでこの程度の評価でしょう。

譜面が大きくて読みやすい。符めくりの必要がある。一長一短。

値段の安さが魅力かな。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。