あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

こどものためのピアノ曲集 三善晃 <音の森>    カワイ出版

三善晃さんは2冊目。音楽界においては頂点に位置する作曲家であるが、この前はいまいちの評価となった。この本は 1978年に出されたもの。

番号 曲名 難易度 評価
 1 三どのワルツ  5  B
 2 ひとりごと  6  A
 3 ファのおはなし  6  B
 4 左手は海、右手は波  6  C
 5 メロディー  6  B
 6 おもいで Ⅰ  7  B
 7 波の子守歌  7  B
 8 ハンモックで  7  B
 9 リッちゃんの飛行機  7  C
10 小さなたんけん  8  B
11 なかよし両手  7  C
12 ものまねごっこ  8  C
13 オレンジ色の夢  8  B
14 かけっここぎつね  9  B
15 波のあやとり  9  B
16 和音のおどり  8  A
17 ララバイ 10  A
18 おやすみ 11  B
19 小さな渦巻き 10  A
20 さいころの踊り 12  A
21 夜かぜと金魚 11  B
22 そよ風のおどり 10  A
23 かざぐるま 10  B
24 おもいで Ⅱ 10  A
25 くろとしろ 11  C
26 初もうで  9  B
27 葉っぱの小舟 11  B
28 樹の祭り  9  B
29 リボンのおどり 10  C
30 シャーベットのゆめ 11  C
31 ジャッカー 8(12)  A
32 しゃぼんだまのかいだん 10  B
33 両手のおにごっこ 12  B
34 ラのぶらんこ 13  A
35 走れ、ミニ・カー 12  B
36 ファのパヴァヌ 7(14)  A

1.何かほのぼのと温かみのあるワルツ。

2.フレーズの構造が不規則なので気をつけること。しみじみとした味わいがある。

3.D.Sのあとはいきなり2番カッコでしょうかねえ。

4.左のメロディーはたっぷりと。

5.ここら辺の曲をずっと弾いていると、何となく三善氏の原風景というのはウェットなものかもしれないという気がしてくる。

6.6小節目の左はさすがに初心者に弾かせたくない指、まだしも1○2541でしょう。

7.これもしみじみとした味わいがあるが、どこまで表現できるか。

8.ほっとしたような気分でしょうか。

9.これはだいぶ雰囲気が異なる。割と単純明快。

10.これを面白いと思えば、現代物についていけそう。

11.両手が近接していてやや弾きにくい。

12.中間部の入り組んだ所が、困難さに比して子供にとっての達成した時の満足感がおそらく少ない。

13.ちょっととぼけた雰囲気かな。指使いをあらかじめ指示してやるほうがいいような気がする。

14.我慢強い子なら、いいかな。

15.ペダルはほしい。

16.アーティキュレーションを正確に。右の和音のスラーは最初の音を重石をかけるようにして、次の音にすばやく移る。

17.まとめにくい曲ではある。

18.変拍子。語りと音楽の中間的性格。

19.指定速度は相当速い。

20.私はこの本の中で一番好きです。中間部は大胆に。

21.右手にも左手にも金魚がゆらゆらと泳ぐ。

22.巧みな転調。

23.三善さんの作品は易しそうでも易しくない。

24.ゆっくり目に歌う。5段目はペダルがほしい。

25.指定速度は信じられないくらい速い。複調、私には何がいいのかわからない。

26.日本的。

27.左右の分担を考えること。

28.7,9,15,16小節の符幹(ぼう)が下向きのものは左手で取る。

30.Fis dur。ここらへん私の目からは? な作品が続く。

31.連弾。面白いがsecondは後半がない。primoは前半と後半で難易度が違いすぎ。

32.これは比較的弾きやすい。

33.es moll。

34.弾くのはやさしいが、読譜にてこずるだろう。高学年以上向き。

35.面白いといえば面白い。

36.三善作品としては例外的に分かりやすい。この曲のprimoを弾かせて、きちんと合わせてあげて、これが大好き、 という子にはこの曲集がふさわしいのかもしれない。

総合評価   B+

Bかなとも思いましたが、一応Aランクの曲がそこそこあるので+つきと。

「海の日記帳」と本質的に変わっているわけではないのです。ただ、向こうに比べて、子供向きということをより強く考慮しているようにみえる。その分評点が上がったということでしょう。

ただ向こうに比べて36曲中わずかではありますが、少し雑かなと思われるようなものがあるような気もします。

基本的には相当できのいい子供向き、ほとんどすべて対位法的扱いがなされているので、教材としてはとてもいいがその分難しい。

三善作品をぜひ子供に、という方には、こちらの方を当会としては勧める。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。