あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

こどものピアノアルバム 下 カワイ音楽企画編   カワイ出版

 かんたろうさんのリクエストにより「こどものピアノアルバム下」を検討します。カワイ音楽教室用の教材として作られたものですが非関係者でも入手できます。教本に近い部分がありますが、まあ一応併用曲集としての扱いでしょう、作品集に分類します。

番号 曲名 作曲者 難易度 評価
 1 オーガスティン(連弾) ドイツ民謡   2  A
 2 いつもたのしく(連弾) スイス民謡   3  B
 3 バッグパイプ 岡村周宏   2  C
 4 イギリス国歌(連弾)     3  B
 5 もりのみち ドイツ民謡   3  B
 6 あぶくたった わらべうた   3  A
 7 ゆうかんな騎士 フォーゲル   3  C
 8 エチュード バルトーク   3  B
 9 かわいいジャック イギリス民謡   3  B
10 シーソー遊び イギリス民謡   3  B
11 ハイキング ドイツ民謡   4  A
12 二重奏 スヴェストル   2  B
13 静かな鐘の音 ドイツ民謡   3  B
14 ほろほろやまどり チェコ民謡   4  A
15 グッド・モーニング・トゥ・ユー ヒル   4  A
16 にんぎょのうた ウエーバー   4  B
17 美しいミンカ(連弾) ロシア民謡   4  A
18 3つのチェコ民謡 Ⅰ チェコ民謡   4  C
             Ⅱ     4  B
             Ⅲ(連弾)     4   C
19 フランスのおどり フランス民謡   4  C
20 ホ ホ 蛍こい わらべうた   3  B
21 大寒小寒 わらべうた   3  B
22 フランスのうた フランス民謡   4  B
23 チャイニーズセレナード フリーゲ   4  A
24 チェロとヴァイオリンのワルツ 作曲者不明   4  B
25 禁じられたあそび スペイン民謡   5  A
26 メロディー スヴェストル   4  B
27 鐘の音 アプシル   4  B
28 ろばたの古いおとぎばなし ソエ   4  B
29 ポーランドのおどり スヴェストル   5  C
30 旅商人 ベートーヴェン   6  B
31 もりのおんがくか ドイツ民謡   5  A
32 わたしの心 ドイツ民謡   6  B
33 メヌエット L.モーツアルト   5  B
34 メヌエット K.6 モーツアルト   6  B
35 バレリーナの悲しみ 平吉毅州   6  A
36 メヌエット ラモー   5  B
37 ラ・クカラチャ メキシコ民謡   5  A
38 兵士の行進 シューマン   5  B
39 いたずら アプシル   6  C
40 はげしいおどり アプシル   5  A
41 雪のふる夜 佐藤敏直   5  C
42 トランペットのメヌエット ダンコンブ   6  A
43 エチュード ディアベリ   6  B
44 ひろばで チェコ民謡   5  B
45 ドン・ジョバンニのメヌエット モーツアルト   6  A
46 聖アントニーのコラール(連弾) ブラームス   5  B
47 アンダンティーノ(連弾) ボロディン   6  B

1.スタカ-トの付いてい3る音符と付いていない音符の区別をきちんと。

2.35の分散4度がちょっと気になる。

3.にぎやかに弾く。

4.スラーの切れ目で離すべきときと、つなげた方が良いときとがある。

5.左の12のクロスの練習。左手最後のH、4とあるが3でも良い。

6.最初の左、2とあるが1でいい(もしくは4小節目を53として以下ポジションの移動なしで弾く)。

7.これもポジションの移動なしで弾けるが、これは記譜通りでいい。

8.ポジションの移動はないが指がもつれやすい。

9.左の3,4段目のスラーの切れ目は離した方が良いと思う。

10.短い。(この本は全体にあまり長い曲がない、ここらへんも教本に準じている感あり)

11.対位法的扱いあり。

12.これはやさしい。

13.3度の練習になってる。

14.「雪の踊り」としてむしろ有名。途中他の編曲ではない和音が使ってある。

15.これだけ短いと少々難しくても出きる場合がある。

16.もう少し良い編曲がある。

17.合わせるといい感じになる。

18-Ⅱ、Ⅲ. 変拍子。

19.対位法的扱い。

20.3段目の左の指使いはおかしい。Cを2のままにしておく方が遙かに易しい。

22.メトードローズには「マリちゃん パンを~」という題名で別の編曲がある。これも悪くはないが。

23.左2小節目、421とあるが531でいい。2段目左最後の音も53でいい。以下同じ。

24.終わりから5小節目左4,は5の方が良いと思う。

25.4~5小節をつなげることを初めから放棄している指、何とも言えない。

26.左のメロディーの練習。

27.現代もの。解りやすい。

28.「神秘的に」という標語は後半に適用される。

30.この編曲では手が大きい生徒以外は無理。

32.4段3小節目左1とあるが3。

33.左non legatoとあるが必ずしも従う必要はないだろう。

36.繰り返しは付ける。弾き方は迷うところだが、スラー通りにアーティキュレーションを付けるか、大きなレガートにするかのどちらかか。

37.手が大きい生徒には良い教材。最後の段2小節目右A、1とあるが5。

39.2段目1小節2拍目の左31とあるがしっくりしない、12のほうがまし、いっそのこと右で取るのが良いかも、4小節後も同じ。3段3小節2拍目頭左3とあるが4でも良い。

41.同じ作者でもう少し良いのがあると思うが・・

42.2段目と5段目の左にnon legatoと記されているということは、編者は3段目はレガートにと思っているんでしょうかね。なお、2、5段目も右に合わせたアーティキュレーションでも良い。

43.昔は色んな併用曲集でよく見かけた曲。

44.オクターブが届けば易しい。変ロ長調は曲数が少ないので、調性に拘る(全ての調をきちっと練習させたいと考える)先生は記憶しておいて良い。

46.合わせると壮大な感じになる。

47.「ダッタン人の踊り」。所々音が重なって少し弾きにくい。

総合評価   B

 割といい本です。

 20数年前の本ですから、その頃は「ピアノランド」もなく、やっとグロ-バーやバスティンが一部の先取的な先生方によって使われ始めた頃です。その時点ならまず評価Aだったに違いありません。

 適度に保守的で、一部新しい音楽も取り入れている、しかし基本的にはあくまで「学習」という線上で選曲された曲集です。

 入門書を終えた段階(レベル3くらいに達した)の、中学生以上の生徒ならこの本1冊で進ませても良いかもしれません。

 連弾の編曲には良いものが多い、必ず伴奏を付けてやるべきです。逆にソロの編曲ものが必ずしも優れた編曲とは言い難い。時々ある現代物も、ほとんどが何というか、義務的に入れてみただけという感はします。

 それやこれやでトータルすればまあBかなと。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。