あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

グルリット こども音楽会 Op.210  全音楽譜出版社  

 グルリットは2冊目。これはずいぶん以前から出ている、近年表題が変わっているのかもしれない「こどもの音楽会」だったかな?

番号 曲名 難易度 評価
 1 朝のあいさつ   2  C
 2 小さな歌   2  C
 3 楽しい仲間   3  B
 4 かわいい舞曲   3  C
 5 聖歌   4  C
 6 勇気のある人   3  C
 7 狩の曲   5  B
 8 こもり歌   4  B
 9 ガボット   5  A
10 祈り   5  C
11 元気で出発   4  B
12 晴れた空   5  C
13 ゆかいなさすらい人   6  C
14 野原で踊ろう   7  A
15 小さなロマンス   6  A
16 音楽時計   6  B
17 高貴なワルツ   6  B
18 即興曲   6  C
19 辻音楽師   7  B
20 こどもの喜び   7  A
21 ミヌエット   7  B
22 かたい決心   7  C
23 マーチ   7  B
24 レントラー   8  B
25 あきらめ   8  B
26 ぶどうつみの歌   7  C
27 まじめになって   7  B
28 草刈りの歌   7  C
29 教会で   8  D
30 農夫の踊り   8  C
31 スケルツオ   7  B
32 トロイメライ   8  A
33 北欧の歌   9  D
34 ポストリューディウム   9  C

1.前回バイエルを見たばかりで、これなどはバイエル前半と難易度は全く同じであるが、バイエルよりは遙かに音楽の香りがする。

2.スラーの切れ目に注意。

3.5度ポジションだが16分音符があり、テンポ次第では少し難しい。

4.これも16分音符あり。

6.これはポジションの移動はないが転調している、工夫された教材と言うべき。

7.左右のスラーの切り方がずれている箇所があり、結構手こずる。11,15小節目左、12とあるが13だろう。

8.併用曲集などにも入っている。

9.左はスタカートになるが、センス良く切ること。2小節目左手後半の指、5,32とあるが4,21で良いと思う。7小節目の右2○535とあるが2○524の方がいい、最後は3で回す。

10.子どもにはまず使えない。大人ならペダル練習用に使えるかもしれない。

13.素早い指換えの練習にはなる。

14.左ページ最後の小節左手最初、53とあるが52でも良い。右ページ2段4小節目左手最初、31とあるが42の方がいいと思う。

15.指使いが大分首をひねる。7小節目左53とあるが52,8小節目○42とあるが○31で問題なし。11小節の右は装飾音を43でとって次21が良い。18の左、Fisに2とあるが1。

16.中間部の左手が鳩時計なんでしょう。

19.右手最初の和音32とあるが42。

20.4段2小節目右手2とあるが、3にして一旦離して次ぎ23と運ぶのが良い。

21.これも割とよく見かける。

24.出だしの音型だけ練習が必要。

27.左手の指使いからは、最初をレガートにしたいのかどうか不明。

29.二部分から成る、正直前半はよく解らない。

30.空虚和音は気になる。

32.ペダル必須。大人の初心者用名曲。

33.8分の3拍子で16分音符ということはModeratoといえども余り遅いのもまずいだろう。出だしの右は123532以外になさそうだが、初心者には弾かせたくない指である、つまり教材としては不適当。

34.ほとんど練習曲。テンポ次第で大分難易度は変わる。

総合評価  C

 一覧表に3曲も入っているし、結構良い印象を持っていたのですが、改めて調べてみると、他にさほど良い曲もないですねえ。まあ、難易度2や3の段階ではオリジナルの良い曲は極めて稀ですのでやむを得ないのでしょうが。難易度が上がってからも結構つまらない曲が散見されます。

 一昔前なら使えたかもしれませんが、今となっては丸ごと生徒に与えるということは、ちょっと考えられないでしょうか、ギロックの方がよほど良いかと思います。

 先生は持っていて何曲かレパートリーにしておけばよろしい。

 指使い(校訂者?)がやや特殊である、いくら何でもというものを除いては記していない、気を付けること。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。