あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

平吉毅州  春になったら    カワイ出版

 先年亡くなられた平吉毅州さんの最後の作品集。「こどものためのピアノ小品集」と「こどものためのピアノ連弾小品集」とからなり、前者はすでに「こどもたちへ」のシリーズなどに掲載されていた。後者は文字通り絶筆となる。

○こどものためのピアノ小品集

番号 曲名 難易度 評価
 1 春になったら   5  B
 2 踊るピーナッツ   5  C
 3 プリンとプルンのふざけっこ   6  B
 4 ギンナンはじけてどこいった   6  B
 5 悲シイカラ踊ルノサ   7  B
 6 ひとりなんだもん   7  A
 7 朝になったよ   6  B
 8 キリンのむれは草原を駆ける   7  B
 9 アリ?アリ?アリャリャ   7  B
10 いなくなってしまったお人形   4  B
11 踊り明かそう祭りの夜は   9  A
12 だれもいない夏   7  B
13 とりとめのないお話  10    B
14 だれと踊ったの   6  B 

1.春になったら・・作曲者は何を夢見ていたのでしょうか。

4.この曲集はすべてそうだが、スタカートを多用している。この曲集を使うのなら色んなスタカートがありうるということを教えるべきかもしれない。

5.ここまであまり平吉さんぽくないのですが、この曲あたりからは以前の平吉さんの感じが少し出ている。

7.さわやかな朝。すいすいと事を運ぶように。

8.繰り返しは付ける。

10.この曲集で一番易しいか。

11.素敵な曲です。でもちょっとこれまでの平吉作品のパーツが混じっているような気もする。

12.見た目よりは易しい。

13.この曲だけ指使いがある。ペダルは欲しい。お話というより愚痴っぽいですね。

14.繰り返しはいる。D.Cで戻ったときは、左手は上のDかな。

○こどものためのピアノ連弾小品集

番号 曲名 難易度p 難易度s 評価
 1 アヒルのおしゃべり   1   7  B
 2 ハンモックでおひるね   2   6  C
 3 いっしょにスキップ   1     7  B
 4 おうちにかえろ   1   8  B
 5 マンボウのおさんぽ   1   7  B
 6 ひとりぼっちのマリオネット   2   7  A
 7 山の夕暮れ   2   7  B
 8 ロバにゆられて   3   7  B
 9 わすれられたお人形   3   9  B
10 コネコ・ネコネコ・ネコジャラシ   3   6  C
11 おばけのエレジー   3   7  A
12 ミケとポチの追っかけっこ   3   8  C
13 さくらの花が舞うよ   4   7  B
14 はるかなる海への船出   5   8  A

2.加線があるから難易度2になってるだけ、極めて易しい。

3.「いっしょにスキップ」になるかどうかは、先生次第。

4.ここまで3手連弾。

5.ここから4手だが、ユニゾンで極めて易しい。

6.子どもどうしでも出きるでしょう。ベースを分厚く。

8.primoは和音の練習のようで、secondが入らないとまるで面白くない。

9.これも先生が重要な役割を果たす。

10.多少手が入り組んでいる。

12.primoだけ練習してある程度の満足感があるかどうか。

14.やっと曲らしくなったという感じ。

総合評価  B-

 平吉毅州さんの遺作集、ということでちょっぴり期待していました。残念ながら期待通りというわけにはいかなかったようです。

 ソロ用と連弾用、どちらもレヴェル的には相当易しいです。ソロ用は特色としてスタカートの多用が挙げられます、スタカートが重要でないと言えるのは2曲だけ。微妙に作風に変化があるような気もします。難易度的にか、作風の変化の故か、子どもにアピールする力が微妙に失われているような気がします。

 連弾用は難易度が極めて低く、こういうものがほとんど見あたらない現状では価値がありますが、私としては物部一郎の「55のピアノ曲集」の方を買います。向こうは一曲一曲が大分長いので、必ずしも競合するとは言えませんが。こちらは曲の長さは手頃です、ただし使うとすればほとんど初見で弾けるくらいのレヴェルになって、パッと合わすという使い方が良いかもしれません。ソロ部分だけを練習しても曲の魅力がよく解らない、というのが大半です。

 平吉さんはやっぱり「虹のリズム」がいい。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。