あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

様式とテクニックが同時に学べる ピアノのための やさしい4期の名曲集 1

                               中村菊子・木幡律子編   全音楽譜出版社

 毎コンと並びピティナが定着し、ピアノ教材を4期に分けるという考え方もほぼ定着してきた。それを正面から打ち出した併用曲集である。ちょくちょく話題にも上っているようである。

番号 曲名 作曲者 難易度 評価
 1 ガボット テレマン   5  B
 2 メヌエット テレマン   6  C
 3 ジグ テレマン   6  A
 4 ブレ クリーガー   5  B
 5 メヌエット クリーガー   5   A
 6 マーチ クラーク   5  A
 7 メヌエット パーセル   5  B
 8 エア ブロウ   5  C
 9 マーチ ハッセ   5  C
10 メヌエット ヒラー   7  C
11 イギリス風舞曲 フィッシャー   9  D
12 イントラーダ バッハ   5  B
13 ようきなわかもの テュルク   3  B
14 なんてきまぐれなの テュルク   4  C
15 2つのうた テュルク  3、5  C
16 たわむれ テュルク   6  C
17 ふざけっこ テュルク   5  C
18 つのぶえとこだま テュルク   5  B
19 ガボット ヴィットハウハー   4  B
20 小舞曲 モーツアルト   2  B
21 おもいで モーツアルト   5  B
22 メヌエット ヘスラー   6  A
23 メヌエット J.C.バッハ   4  C
24 ソナチネ Op.41-2 ヴァンハル    5  B
25 ソナチネ より ウィルトン   5  C
26 ロシアのうた ベートーヴェン   5  A
27 レントラー ベートーヴェン   6  A
28 ソナチネ Op.151-2 より ディアベリ   6  B
29 ソナチネ Op.88-1 より クーラウ   8  B
30 ソナタ Op.60-2 より クーラウ   8  A
31 ソナタ 第18番 チマローザ  10  C
32 ちいさいこどものために Op.68-48 シューマン   3  C
33 小曲 Op.68-5 シューマン   5  B
34 くまのおどり シューマン   4  B
35 ワルツ Op.124-4 シューマン   10  B
36 小練習曲 Op.68-14 シューマン  10  A
37 アレグレット グルリット   5  C
38 ポリフォニーの曲 グリンカ   5  C
39 ドイツ舞曲 ウェーバー   9  C
40 ワルツ Op.77ー11 シューベルト  11  B
41 小さな木馬 チャイコフスキー  10  C
42 フランスの古いうた チャイコフスキー   7  A
43 ママ チャイコフスキー   8  C
44 新しいお人形 チャイコフスキー   7  B
45 病気のお人形 チャイコフスキー   7  A
46 人形のお葬式 チャイコフスキー   9  A
47 木の兵隊のマーチ チャイコフスキー   7  B
48 はじめての曲 Op.89-1 カバレフスキー   2  A
49 かわいいハリネズミ Op.89-8 カバレフスキー   2  B
50 あやつり人形のおどり Op.89-28 カバレフスキー    4  C
51 小さな物語 Op.39-14 カバレフスキー   4  C
52 行進曲 Op.39-10 カバレフスキー   4  C
53 小さな歌 Op.27-2 カバレフスキー   6  A
54 ボールあそび Op.27-5 カバレフスキー   8  B
55 彼のジャムパンを失敬して食べる方法 サティ   4  B
56 輪回し遊びの輪をこっちのものとするために彼の足の魚の目~ サティ   3  B
57 あそんでいる子どもたち バルトーク   4  A
58 子どものうた バルトーク   4  A
59 あそび バルトーク   6  A
60 あそびうた バルトーク   5  C
61 子どものあそび バルトーク   6  A
62 なわとび ハチャトゥリャン   5  C
63 東洋のおどり ハチャトゥリャン   7  B
64 ララバイ デロ=ジョイオ   6  B
65 プロムナード プロコフィエフ   9  A
66 マーチ プロコフィエフ  11  A
67 手まわしオルガン ショスタコーヴィッチ   5  B

1.簡潔な佳品。

3.フレージングは他にも考えられる。特に8,16小節の8分音符は全部スタカートが良いかもしれない。

4.断言は出来ないが、抜粋のような気がする。そうでないとしたら、4小節目の終止形がちょっと早すぎるんじゃないかい、と言いたくなる。

5.5小節目からの長いスラー、6小節目の途中で離すことも考えられる。

6.4段目、1,2小節右手、レガートでも良い。

8.相当古い曲だけに近代和声に慣れた耳からすれば違和感を感じる箇所がある。

12.バッハにこんな曲あったんですねえ。BWV番号を書いておいてほしいなあ。

15.簡潔な曲だが、この段階ではまだ3度のクロスは使いたくない。

17.8度ポジションがある。短いのでむしろエチュードとして使えるかもしれない。

18.基本的にノンレガート、もしくはスタカート。

19.ごく短い。

20~21.詳細不詳。

22.書法は対位法。

23.7小節2拍目から右手4○1○1とあるが、53231が良いと思う。

26.10,14小節目、リズムの異なる版もある。

27.繰り返しは省いても良い。前半だけ使用も可(ピアノの学校2巻)。

30.2楽章のテーマだけ。なおこの曲はソナタとありますが普通はソナチネとなっています。

31.右ページ3段3小節目頭右手4とあるが、2が普通だろう。同じく4小節目右手123とあるがその次が55となりどうしようもなくなる、112の方がいいと思う(次は43)。

32.これは普通の「ユーゲントアルバム」には載っていない。「ちいさいこどものために」とあるが、小さい子どもはオクターヴはおろか7度も届かない。そういうことはシューマンの眼中にはないようである。

33.これは微妙なニュアンスが要求される。

35.やや病的なものを感じるのは、私の気のせいかな。

36.一覧表10-34。

40.これは結構難しい。

42.右ページ1段目左の指は良くないだろう。なおこの本のチャイコの作品は、先に検討した「こどものためのアルバム」版と指使いはもちろん、他も微妙に異なる。作品番号まで異なる。

43.この本のスラー、少なくとも8,9小節の間はつなげるべきではないと思う(もう一つの版はそうなっている)。

46.再現の手前で、poco rallのついている版がある、そうすべきである。

47.この版には付いていないが、他の版ではスラーのかかっていない単独音は全てスタカートである。

48~50.閻魔帳142。

51.別の版では「昔のお話」となっている、最初がMolto Allegro。アクセントにsf、ritは付いていない。指使いはこちらの方がいい。

52.別の版では全てf、付点八分のアクセント無し。指はやはりこちらの方がいい。

53.つい先日検討した2種の版より、強弱記号がたくさん付いている。ここまでの必要もない気はする、特に2段目は異論が有ろう。

56.この訳で何となく意味が分かったような気がします。

59.2小節目右手のスタカートは、ここだけ付いているというのはミスプリか? (弾き方はそれで構わないが、そこだけではなくこの形は全て同じになる)

64.ちょっと面白い曲。3度の練習にもなる。

65.この本の指使いは2,3小節目の間を離すことが前提になっている。

総合評価   C

 Bにしようか迷いつつ、Cにしました。あえて区別すればレスナー会員はC、非レスナー会員はB、と思って下さい。

 つまりレスナーにとっては魅力はほとんどないのです。比較的Aの多いバロックと近代も、バロックは超有名曲ばかりで、まず他の曲集でお持ちでしょうし、近代はバルト-くだけ良いものを集めてますが、まあ、レスナーなら「こどものために」自体を手に入れるべきでしょうし。

 兄弟本として「バロック名曲集」「古典期名曲集」「ロマン期名曲集」「近現代名曲集」各上下8冊があり、私は2冊しか保持していないが、この本と曲がかぶっていない、多分8冊ともそうであろう。そのこと自体は良いことであるが、ただこの本は後発本だけに、結局落ち穂拾いになってしまったのだろう。

 あと、近現代と言っても無調系が一曲もないし、難易度がばらつきすぎているのも気になる。

 4期と銘打たれた曲集は私の知る限りこれが始めてであるが、実質的にそうであるものは以前からいくつかある。当会で検討したものとしては、同じ全音の「ピティナ ピアノステップ曲集」があるし、未検討だが音友から「ピアノのひろば」a,b2冊も出ている。前者は難易度はばっちり揃っているし、後者は特に現代が充実して、この本よりは遙かにお勧めである。

 長所としては楽譜が大きくて見やすいのと、指使いが詳細に付けられていることがあげられる。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。