あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 作品集 

 

新美徳英 風のプレリュード   カワイ出版

 新美徳英さんは理工系出身の方だと承っている。作曲家には時々いらっしゃるようである。私は合唱曲はいくつか知っているが、ピアノ曲はまるっきり知らなかった。

番号 曲名 難易度 評価
 1 風 踊っている   7  C
 2 銀色の風   7  C
 3 不気味な風が   6  A
 4 シシリアの風   9  A
 5 風のノクテュルヌ  10  B
 6 ウインド イン ブルー  12  C
 7 風は想う   9  C
 8 西風のつぶやき  14  B
 9 アンダルシアの赤い風  16  C
10 トロピカルウィンド  16  B
11 風の悲しみ  18  B
12 風は見る  19  A

1.変拍子。

3.簡明。弾きやすい。

4.哀愁をこめて歌う。ペダルは必須。

5.解説にあるように最初の部分は音を重ねていく。

6.2ページ目4段4小節、5段2小節目の3拍目、EisになっているがEisFという音は鍵盤楽器では意味がない。EsFisのミスプリと思われる。

7.作曲者の音に寄せる想いが演奏者に伝わり聴衆に伝わる、というのが演奏というものの理想型なのでしょうが、はてこの曲の場合、仮に聴衆に伝わったとして、一過性以上のものがあるのかなという気はします。

8.光のきらめきのような美しさ。

9.複調。エチュード的。

10.多分に実験的な作品。

11.最後の無音で押さえるという箇所は、前のグリッサンドからペダルを踏みっぱなしたままで無音で押さえ、おもむろにペダルを離せば、7音だけが残るという仕掛け。

12.譜面面で抵抗のある人もいるかもしれないが、非常に美しい。即興演奏に近いような感もある。

総合評価    B

 ちょっと評価に困る曲集ですが、まあBにしておきます。

 叙情的な作品に良いものがあります。でも作者の独りよがりに終わっているのでは、と思われるものもあります。

 ただ多分に実験的な作品もあり、こういう曲の評価は相当の年月を経てからでないと定まらないでしょう。とりあえずの私の評価です。

 最後の曲などは、自由な演奏の出来るセンスィティヴな生徒に発表会で弾かせると、拍手喝采になるかもしれません。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。