あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 連弾・二台ピアノ 

 

グローバー・ピアノのれんだん 2   ヤマハ

今はヤマハが出しているグローバーシリーズの連弾。二巻だけ未検討でした。特に深い理由はありません。作曲者名が記していなのはグローバーのものと思われる。

曲名 作曲者 難易度p 難易度s 評価
オランダの民謡    3  4  B
シェリト・リンド メキシコ民謡  4  4  A
ポルカでおどろう    4  4  A
雪山賛歌 フォークソング  4  4  A
マンボでおどろう    4  2  A
3びきのねずみ 民謡  4  4  A
ひなぎくのうた    4  4  A
聖者が町にやってくる 民謡  3  4  A

○オランダの民謡 primoはユニゾン。

○シェリト・リンド 名曲だが、他の編曲を知らない。

○雪山賛歌 メロディーを付点に直して弾かせてもいいだろう。

○マンボで踊ろう 発表会で下をお父さんにやってもらうのもいいかも。

○3びきのねずみ ある程度速く弾きたい。

○ひなぎくのうた 最初の左、51234とあるが51245の方がいい。

○聖者が町にやってくる オーソドクスな編曲。ある程度速く弾きたい。

総合評価     A

特に優れた編曲というわけでもないが、無難な編曲。オリジナルも十分使える、となれば評価はA。

難易度もそろっているので、入門者のちょっとした息抜き用に全曲使ってしまってもいい。

secondの難易度もほぼ同じ、ヘ音記号の練習用に使える。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。