あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 連弾・二台ピアノ 

 

サブバイエル連弾曲集 1 宮本良樹編  全音楽譜出版社

番号 曲名 作曲者 難易度p 難易度s 評価
 1 どんぐりころころ 梁田貞  1  9  A
 2 赤い鳥小鳥 成田為三  1 14  B
 3 かっこう ドイツ民謡  1  9  A
 4 ちょうちょ ドイツ民謡  1 12  A
 5 こなゆきこんこ 平尾貴四男  1 12  B
 6 キラキラ星 フランス民謡  1 12  A
 7 おねえさまのおたんじょう日 ベール  1 11  A
 8 知らない道 ディアベリ  2 10  C
 9 ハッピーバースデイ・トゥ・ユー P.ヒル&M.ヒル  1 10  A
10 朝のおさんぽ ドイツ民謡  2  8  B
11 さよなら ドイツ民謡  2  8  A
12 こもりうた フランス民謡  1  10  A
13 なみのおはなし バイエル  2  7  B
14 アリさんの木のぼり バイエル  2  9  B
15 おかあさまとわたし バイエル  2  9  C
16 たのしいピクニック ドイツ民謡  2  8  A

1.メロディーの最後はprimoが受け継いでいることに気付かせる。

2.8分音符があるが、気になる向きは4分音符に直して差し支えない。指定速度は遅すぎる。子どもは遅く歌うのは苦手である。88ぐらいだろう。 ただし、そうするとsecondが少し難しくなり、初見で弾くのはつらいかも。

3.secondはなかなか凝っている。

4.テンポの変化をsecondが誘導する。

5.あまり知られていない曲だと思う。

6.second1ページ目4段3小節目は、何かの間違いかとも思う。

7.これはベール作曲だったっけ。

8.ディアベリの連弾曲集の2番。

10.やや長い。発表会用か。

12.これはprimoは易しいと思う。

13.バイエル18番。secondがつくことで原曲よりはよくなっている。

14.バイエル20番。これも合わせるとそこそこ楽しいかも。

15.バイエル22番。

総合評価     A-

最後のバイエル3曲が若干気に入らないが、まあ、総合的に見てAでしょう。2巻よりも使えると思います。

特に前半はsecondが凝っている。先生は初見では立ち往生するかもしれないというのは、マイナス点にはしてません(笑)。

問題は、最近の子どもは、日本の童謡を知らない子が増えているということでしょうねえ。親が知らない世代だもんねえ。私などの世代にとっては なじみがあるというだけで評価Aになってしまうが、そうじゃない場合、この評価は甘いものがいくつかあるのかもしれません。

ま、でも、日本の童謡は、日本の音楽文化の優れた財産です。次の世代にも受け継いでいってほしいものです。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。