あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

バーナム ピアノ教本 2 エドナ メイ バーナム  中村菊子訳  全音楽譜出版社

前に1,3巻を取り上げていたバーナムピアノ教本です。これで完結かな。

曲名 作曲者 難易度 評価
バッキンガムの衛兵    2  B
時計    2  B
深く沈めサブマリーン    2  C
いねむり    2  C
電信柱    2  C
カラス    2  C
テレビ    2  C
ただいま    2  C
ワルツ    2  B
ハロウィーン    2  C
毛虫    2  B
おどけたペンギン    2  B
ヴェネシャン ブラインド    2  C
芝刈り機    2  C
ローラーコースター    2  B
ねむい歌    2  B
枯葉    2  C
ベイビー    2  B
ジングルベルス    3  A
しまりす    2  B
スケート    2  C
三匹の子ねずみ    2  A
チューバ    2  C
スクール    2  B
日本の扇子    2  B
はしごのぼり    2  B
いろんな色    2  C
なわとび    2  B
チェロ    2  C
   2  C
   2  C
アーユースリーピング?    3  A
ブランコ    3  C
日曜のミサ    2  C
かわいいうさぎ    3  B
ロッキングチェアー    3  C
こねずみ    2  C
クラウン    2  C
カウボーイの歌    3  B

○バッキンガムの衛兵 1巻の復習。

○時計 ヘ音記号のド(ハ)が新しい音として出てくる。1巻でG~C(ト~1点ハ)までだったので、順次下りていくのではなく、いきなり Cに飛ぶということになる。

○いねむり ト音記号上部のド(二点ハ)が新しい音として出てくる。1巻でC~G(1点ハ~1点ト)だったので、順次上がるのではなく、 いきなりCに飛ぶことになる。これはやや珍しい進め方かも。

ここで読譜、音価、拍子にかんしてのちょっとしたエクササイズあり。

○テレビ ここまでの総合課題。

○ただいま ヘ音記号のファ(へ)が新しい音として出てくる。

○ハロウィーン フラットが出てくる。ヘ長調の曲。

○毛虫 ナチュラルが出てくる。まあ、確かに毛虫っぽいイメージはある。

○おどけたペンギン 調号としてのフラットが出てくる。ヘ長調。以下二曲同じ

ここで8分音符の練習が入る。

○ローラーコースター 8分音符の練習。

○ねむい歌 シャープの練習。

○枯葉 調号は使ってないがト長調。

○しまりす 調号としてのシャープが出てくる、ト長調。

○3匹の子ねずみ 歌詞が英語の発音の日本語表記(カタカナ)しかない。色々考え方あるだろうが、私は英語で記すか日本語の訳にしてほしい。

ここでリズムに関してのちょっとしたエクササイズあり。

○チューバ 和音が出てくる。

○日本の扇子 半音的進行が出てくる。

○はしごのぼり ヘ音記号のE(ホ)が出てくる。DをとばしてEというのは珍しい。以下二曲同じ練習。

○チェロ ヘ音記号のDが出てくる。

○ブランコ ト音記号1点イが出てくる。交差あり。

○日曜のミサ 6度ポジションが出てくる。

○かわいいうさぎ D.CとFineが出てくる。

○ロッキングチェアー これもD.Cが出てくる。そこそこ長いが曲としてはいまいちかな。

ここで、リズム、拍子、音名に関してのエクササイズあり。

○こねずみ ここでト音記号1点ロが出てくる。

総合評価     C

久しぶりのからい評価です。理由は表を見ていただければおわかりかと思います。

入門段階ですから、評価Aの曲はなかなかないのが当たり前ですが、それでも、優れた教本は、ある目的のための曲であっても、それなりに曲らしくしてあるものです。そういう工夫があまりない。

曲自体として、魅力に欠けるものが半数以上を占めている、ということになると、子どもたちをピアノに結びつける最大の綱がないということに等しいわけです。高い評価を差し上げるわけにはいきますまい。

教本としての進め方などには、独自の首肯できる工夫もあっただけに、残念です。

先生には使いやすいでしょう。しかし、それはマイナス点をひっくりかえせるほどの大きなプラス点とはとても言えません。教本にはときどきそういう類のものがあります。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。