あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

バーナムピアノ教本 1  中村菊子訳  全音楽譜出版社

バーナムは「ピアノテクニック」がベストセラーになった。同じ著書によるこの教本は「一度に一つのことしか教えない」という教本です。

最初に指番号

次は二つの黒鍵の説明。

ト音記号、ヘ音記号、真中にある「ド」の説明。

さらに「ド」の説明。

小節線、複縦線、小節の説明。2/4の説明

○しのび足 「ド」のみ。評価不要だろう。

4/4の説明あり。「ホップアンドストップ」「ポップコーン」の二曲。いずれも「ド」のみ。

レの説明あり。「ねむれねむれ」と「バス旅行」の二曲。いずれも評価不要だろうが一応C。

「あめ」評価D、と「木の葉っぱ」評価C。

シの音の説明がある。「ゆれるボート」D、「ドラム」D、「ハンモック」C。

○キツツキ 評価C。

「ミ」の音の説明あり。譜表と大譜表という言葉が出てくる。

○「ドレミ」「くつやさん」C。「あめふり」C。

「ラ」の音の説明あり。「子猫のキティ」D。「スノーボード」。「コーラス」D。

ここまでのワークがあります。

○「きたかぜ」C。「プール」両手奏になる、C。「ソフトクリーム」C。「ホットクロスパン」B。

タイの説明がある。

○「大きな牛」C。「きんぎょ」C。「白いくも」C。

四分休符が出てくる。「なわとび」D。「石けり」D。

二分休符が出てくる。「ロッキングチェアー」C。「ガタガタ道」C。

全休符が出てくる。「羊さん」C。「まわる車輪」C。

○郵便屋さん いろいろな休符が出てくる。これは曲らしくなっている。B。

ファの音が出てくる。「お星さま」C。

○「とうもろこし」C。「ゆりかご」B。

まんなかのドより下にある「ソ」の音が出てくる。「せせらぎ」C。

○「かげぼうし」C。「ロンドンブリッジ」A。

まんなかのドより上にある「ソ」の音が出てくる。「丘」C。

○「テレビのアンテナ」C。「メリーさんの羊」A。

○「二人でコーラス」難易度2、C。「陽がしずむ」難易度1、C。

これまでのワークがある。

○「にわとり」難易度2、C。「きた風」難易度2、C

○「ハイウェー」難易度2、C。

総合評価     B

個別の評価を見ると、かなり低い。要するに子供の喜ぶ曲は、ほとんどないということ。

ただ、それにもかかわらず、全体の印象は、それほど悪くはない。「教本」としてのできがしっかりしているからである。

音の増え方が極めて遅い。ということはつまり、1,2,3の指だけの段階が長いということなのである。その段階ですでに両手奏に入っている。

小さい子ども、特に男児は骨格の発育が遅い、4,5指の登場が遅いのは、そういう点におそらく顧慮しているものと思われる。

対象は3~5歳児だろう。特に男児。曲が面白くないのは、先生がレッスン内容でカバーすることという条件がつくが。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。