あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

グローバーピアノ教本・導入編  ヤマハ

以前は「幼児用」となっていたが、出版社がヤマハに代わって「導入編」となった。内容は変わらない。

曲名 難易度 評価
どうぶつえん  1  C
いたずらくまさん  1  C
ピエロ  1  C
しろいこうま  1  B
あめのひ  1  C
こもりうた  1  C
インディアンがやってくる  1  B
ホットクロスパン  1  A
つきりょこう  1  B
へいたいのこうしん  1  B
たこ  1  C
こだま  1  C
アヴィニヨンの橋で  1  A
くさけいば  1  A
あさのうた  1  A
きゅうふ  1  C
かえるのこ  1  C
ポンポンじょうき  1  C
はとどけい  1  B
なつとおわかれ  1  B
とけいのかね  1  A
ダンスのうた  1  B
スティーム・シャベル  2  B
うさぎさん  1  B
ウェンセラスのおおさま  2  A
ゆき  2  B
オールドマン  1  B
かねがなる  2  B
おデブのかえる  2  B
おめでとう  2  B
まきばのうたごえ  2  A
ハープのうえのねずみ  2  B

最初に二つと三つの黒鍵に気付かせる練習がある。

○どうぶつえん 右手。中央のCとD。2/4。四分音符と二分音符。

○いたずらくまさん 左手。中央のCとその下のH。

○ピエロ 音域同じ。前半右手、後半左手。

○しろいこうま 右手。3/4。付点四分音符。音域C~E。

○あめのひ 左手。前曲の対称形。従って音域はA~C。曲としては前曲の方が勝るだろう。ここから連弾可能。

○こもりうた 音域同じ。前半右で後半左。きちんと数える練習。

○インディアンがやってくる 4/4。全音符。

○ホットクロスパン よく知られた民謡だが、伴奏をつけると複調になる。

○つきりょこう 右手のFが出る。スラーとフレーズの説明あり。

○へいたいのこうしん fとpが出る。

○たこ 左手のGが出る。

○こだま タイが出る。

○アヴィニヨンの橋で フランス民謡。右手のGが出る。

○くさけいば フォスター。左手のFが出る。

○あさのうた グリーグ。ritが出る。

○きゅうふ 全休符が出る。

○かえるのこ ここまでの総合練習。

○ポンポンじょうき 両手奏。スタカートが出る。

○はとどけい 前曲に同じ。

○なつとおわかれ 3拍子における全休符。

○とけいのかね シャープが出る。

○ダンスのうた これもシャープの練習。

○スティームシャベル ト長調。二分休符が出る。両手の異なる動き。

○うさぎさん ト長調。

○ウェンセラスのおおさま 右手のAが出る。

○ゆき いろいろな音符の練習かな。

○オールドマン フラットが出る。

○かねがなる ヘ長調。

○おデブのかえる グローバーはカエルが好きなんですかね(笑)。

○おめでとう 完全な両手奏。

ここで左右両手の音域の拡大がある。どちらも1オクターブになるように。ここまでは曲の中で自然に拡大してきたが、ここにきて 挫折ということなのだろう。左手が3音、右手が2音一気に新しい音が出てくることになる。

○まきばのうたごえ 「ドナルドおじさん」ですな。アメリカ民謡。

○ハープのうえのねずみ 交差がある。

総合評価    A-

入門書というのは、音楽的にイマイチの曲が並ぶことが多い、これは宿命のようなものである。で、そういう中で少しでも音楽的なものという要請にどれだけこたえているか、ということだが、グローバーの場合、一応合格と言えるかと思う。

方針は明確で、中央のドから音域の拡大を一音ずつしていくということである。実は私の入門者用教材と同じ方針である。最後で少し挫折しているのが玉に瑕。バスティンなどは一気にポジションを変えて5音導入しているのだが、そこでよくつまずく。もしくははっきり分かっていないうちに先に進み、後の挫折の原因となる。

前に検討しているが、グローバーは3巻までは結構使える。入門段階の方がいいというのはある意味珍しい。ただ単独ではおそらく曲数が少ない。グローバーの併用曲集、あるいは他の教本を使用する必要があるだろう。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。