あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

バスティン ピアノレッスン レベルⅠ     東音企画

1巻であるが、この前に「プリマー」がある。生徒にもよるが3,4年生くらいであれば、いきなりこの本でも大丈夫かな。 作曲者が記されていないものはバスティン作であろう。

曲名 作曲者 難易度 評価
マーチ  1  D
スキップで  1  D
道化師  1  C
はつかねずみ  1  C
 1  C
おばあさん フォークソング  2  B
かわいいダンス①②  2  C
ワルツ  2  B
歩きましょう  1  D
ジャンプしましょう  1  D
風さん  1  B
かめさん  1  C
教会の鐘  2  B
雨だれ  2  B
ちょうちょ フォークソング  2  A
ステップしましょ  1  D
のばしましょう  1  D
ジープ  1  D
パレード  1  C
ラッパ  1  B
ローディおばさん フォークソング  2  A
小さなスイス製時計  2  B
ゆれる波  2  C
フランスのみんよう  2  A
ろばさん  2  B
パレード  2  B
グリーングラーベル イギリス民謡  2  B
おどりましょう  2  C
汽船  2  C
聖者が町にやってくる 民謡  2  A
月の光 民謡  2  A
いなかのおまつり  1  C
ブルースで  1  C
ほんとのブルースで  1  C
ブルース  2  B
小さなロック  2  B
こもりうた ウェールズのこもりうた  2  A
アロエッテ フランス民謡  2  A
波を越えて  3  B

最初に「やさしい楽典」がある。大人の入門者なら説明するのがいいだろう。

○マーチ ハ長調の位置。右手は1点ハから、左は1オクターブ下。大譜表だが、実質的には片手練習。以下4曲同じ。 「はつかねずみ」だけ両手ユニゾンがある。

続いてハ長調の和音の説明があり(属7はFG)、左手に伴奏のある曲の練習となる。

○おばあさん 一応曲らしくはある。

○かわいいダンス 8分音符があるが説明はない、おそらくプリマーですでに出てきていると思われる。

○ワルツ 初めての曲らしい曲。和音の3連続スタカートは難しいかも。

○歩きましょう ヘ長調の位置になる。右が1点へ~ 左がオクターブ下。以下3曲同じ。位置の問題だけで易しい。

ヘ長調の和音の説明がある。例によって属7は2音だけ。

○教会の鐘 ゆっくりというのは、子供には実は難しい。

○雨だれ スタカートの練習でもある。

○ちょうちょ 日本で流布しているものとメロディーが異なる。

○ステップしましょ ト長調。ポジションは左手がト~、つまりDの音は加線になる。右手はオクターブ上。以下4曲同じ。

ここでト長調の和音の説明がある。属7は同じく2音だけ。

○ローディおばさん 「むすんでひらいて」ですね。これはルソーの作曲じゃなかったっけ。mfとmpが出てくる。

○小さなスイス製時計 スタカートの練習でもある。

○ゆれる波 クレッシェンド、ディミヌエンドが出てくる。ritが出てくる。

○フランスのみんよう これはあまり知られてないかも。中田喜直の歌曲集にあるが。

ここで低音部記号の読譜の練習がある。

○ろばさん ここから3曲アウフタクト(アップビートと英語になっている)の練習。

○おどりましょう これと次は、いろいろな種類のアウフタクト。

ここで高音部記号の読譜練習。順番が反対のような気もするが。

○聖者が町にやってくる これはおなじみ。

ここでグループⅠの調としてC、G、Fについての説明がある。そしてエチュードが二曲。CFGの順に並べるとカデンツになるということ ですな。カデンツの説明があるわけではない。ポジションの移動の練習にしている。

○月の光 この曲の編曲の中では最もやさしい部類。

○いなかのおまつり 以下3曲ナチュラルの練習。

○ブルース ナチュラルと先ほどのポジションの移動とを組み合わせている。

アクセントの説明と練習曲一つ。

○小さなロック 説明が何となく面白い。

付点4分音符と片手の練習3曲。1曲目の「ロンドばし」、調号がFになっている、実害は生じないが明らかに間違い。

○こもりうた ゆっくり丁寧に、付点も当然ていねいに。

○アロエッテ フェルマータが出てくる。5の連続が気になるといえば気になる。

ダンパーペダルの説明があり、練習曲一つ。

○波を越えて ペダルと交差の練習。

総合評価     A-

バスティンの第一巻。最初にも書いたが、生徒をみてこの巻から始めるかプリマーから始めるかを決めたらいい。

1巻だけあって、なかなか音楽的に優れた曲というのは難しいのだが、それでも全く無味乾燥な者は少ない。

日本で流布されているメロディーと微妙に異なるものがある。それをどう処理するか。考えておかずばなるまい。

進度については無難。早すぎも遅すぎもない。

これで3巻まで見たことになるが、現在主に使われているバスティンよりも私はこちらの方ができがいいと思う。バスティンを使いたいというのなら、 こちらを勧めます。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。