あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

バスティン 中級レパートリー 1   東音企画

曲名 作曲家 難易度 評価
ホー・ダウン バスティン  6  B
砂漠のキャラバン バスティン  6  B
ガボット バスティン  5  B
ブーレー バスティン  6  B
ト長調のメヌエット バッハ  6  A
ヘ長調のアリア バッハ  6  B
ニ短調のメヌエット リュリ  6  B
エチュード・アレグロ バスティン  5  B
メヌエット バスティン  5  A
ハ長調のアレグロ ジェーン・バスティン  6  B
ト長調のメヌエット ハイドン  6  A
ドイツ舞曲 ハイドン  4  B
ハ長調のメヌエット モーツアルト  5  B
ヘ長調のメヌエット モーツアルト  5  B
ロシア民謡 ベートーヴェン  5  B
ト長調のエコセーズ ベートーヴェン  7  A
ソナチネ バスティン  6  C
祝典のマーチ ジェーン・バスティン  5  B
バガテル ディアベリ  4  C
冬の嵐 バスティン  5  B
無言歌 バスティン  5  C
兵士の行進 シューマン  5  B
勇敢な騎手 シューマン  7  A
エコセーズ シューベルト  6  B
小さなワルツ バスティン  5  B
バスティン  3  C
キャラバン バスティン  4  B
スケルツオ カバレフスキー  3  C
ワルツ カバレフスキー  5  A
まねっこ バルトーク  6  A
月の光に輝くライラック バスティン  5  A
小さなトッカータ バスティン  6  B

○ホー・ダウン 最後だけは子どもは喜ぶだろうなあ。

ここで3連符の練習がある。

○砂漠のキャラバン GABCisといったような、密集した和音が出てくる。

○ガボット この曲から「バロック期」なのだが、これは「バロック期もどき」だよなあ。

○ブーレー これも同じ。

○ト長調のメヌエット Anh.114のペツォルトの作品です。フレージングはあまり見かけないものだが、おかしくはない。 このとおりに弾かせるか、変えるのなら最初から変えておくべきでしょう。

○ヘ長調のアリア こういうのを選曲するところが日本人との微妙な感性の差なんでしょうねえ。

○ニ短調のメヌエット 対位法が子どもにもよく判る。

ここで16分音符の練習がある。

○エチュードアレグロ 16分音符の練習。

○メヌエット ここから古典期。これはなかなかいい作品だとおもうが、それでも「古典期もどき」ではある。

○ハ長調のアレグロ 曲としての欠陥ではないが、古典期の作品というには逸脱していると思う。

○ト長調のメヌエット これはいい曲です。

○ドイツ舞曲 これは易しい。この曲から「古典期」をはじめればよかったのに。

○ハ長調のメヌエット ヘンレの作品集には載ってない曲。K.6らしい。

○ヘ長調のメヌエット これは有名。

○ロシア民謡 これもよく見かける。

○ト長調のエコセーズ 普通に流布されている版と少し異なる。

○ソナチネ 何ということはない。

ここで3和音と転回形の説明あり。

○祝典のマーチ 3和音と転回形の練習曲。

ここで属7の和音と転回形の説明あり。

○バガテル 和音の練習。

○冬の嵐 ある程度速く。

○無言歌 この本所収のバスティンの作品の中では最も面白くないかも。

○兵士の行進 これはよく取り上げられる。

○勇敢な騎手 これは定番。

○エコセーズ Op.18-4とあるが間違い。D618Cの1番。

○小さなワルツ 上品に。

○霧 ここから近現代。全音音階でペダルを使って霧を表現している。

○キャラバン 中間部で拍節構造が変わっている。

○スケルツオ 16分音符があるが、難しさはそれだけ。

○ワルツ ワルツらしくはないが、いい曲。

○まねっこ 「プレイ」ですね。アメリカの版ではFollow the Readerなんですかねえ。

○月の光に輝くライラック 不思議な雰囲気はある。ペダル必須。

○小さなトッカータ 見た目よりは弾きにくいかな。特に速いと。

総合評価     B

中級レパートリーとあるが、入門書が終わった段階だから、普通の感覚では初級レパートリー。

選曲は悪くないが、バスティンの曲が相当多数含まれている。

日本のこの手の編曲集で編曲者が作曲したものというのはおおむねろくでもないのだが、さすがにバスティンはそれなりの水準を保ってはいる。しかしそれでも、他の名の知れた作曲家に比べれば劣るといわざるをえまい。

ということで、Bあたりが妥当かな、という感じ。

使う際は、各期を並行的に使うのがいい、おおむね各期の最初の方が易しく、終わりの方が難しい。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。