あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

ぴあの どりーむ 5 田丸信明編    GAKKEN

上等の製本をしている「ぴあのどりーむ」の第5巻です。

曲名 作曲者 難易度 評価
スイスの歌 スイスの曲  4  B
春のあこがれ 田丸信明  4  C
おやすみなさい アメリカの曲  3  B
ゆめのなかで 田丸信明  4  B
エーデルワイス ロジャース  4  A
ふしぎなおしろ 田丸信明  3  C
インディアンのおどり コルトー  4  A
アビニヨンの橋の上で フランスの曲  4  A
かわいいオーガスティン ドイツの曲  4  A
夏の夕ぐれ 田丸信明  4  D
モデラート ディアベリ  4  C
おたんじょう日マーチ ケーラー  4  B
アルプスの朝 田丸信明  4  B
夕べのうた ケーラー  4  B
森のパーティー 田丸信明  4  B
やまびこ 田丸信明  4  C
野ばらと野いちご 田丸信明  5  B
エチュード シュッテ  4  B
メヌエット バッハ  5  A
おどり カバレフスキー  4  C
ロンド モーツアルト  4  A
春のよろこび フランスの曲  3  B
小鳥の音楽会 田丸信明  4  C
コスモスばたけ 田丸信明  4  C
おもちゃの行進 ストリーボッグ  5  B
小さな妖精のワルツ ストリーボッグ  6  A
花のファンタジー 田丸信明  6  C

○スイスの歌 2,3小節の右はヨーデル。

○春のあこがれ 13の縮小がある。

○おやすみなさい これは易しい。

○ゆめのなかで この題名からは、あまり和音をしっかりと弾くべきではないのかなあ、という気がする。

○エーデルワイス 編曲にもう一工夫ほしいが。いかにもバイエル的な編曲。

へ音記号下部加線からのドレミファソが出てくる。

○ふしぎなおしろ 上記のヘ音記号の練習

○インディアンのおどり この10年ほどに出版された曲集では非常に掲載率が高くなっている。アクセントが出てくる。

○アビニヨンの橋の上で 出だしの右は同じ指で構わない。無理やりヘ音記号下部加線をつけたと言う感もするが。 D.CとFineが出てくる。

○かわいいオーガスティン 左の属7がDACばかり。DFisCも混ぜた方が良いような気がする。

○夏の夕ぐれ 最後の2小節意味不明。とってつけたような現代調、不自然極まりない。

○モデラート 8度ポジションが出てくる。

○おたんじょう日マーチ 繰り返し、D.Sとセーニョが出てくる。

○アルプスの朝 すっきりと仕上がっている。

ヘ長調の音階と和音の練習がある。

○夕べのうた 初めの部分だけ。

○森のパーティー これは指換えはしない。

○やまびこ 3連符の練習。

○野ばらと野いちご 少し難しいかも。

○エチュード ペダルはほしい。

○メヌエット ト長調のメヌエットの前半。テヌートが出てくるが、ちと首をひねる。

○おどり 4つの音を一度に弾くのは小さい手には難しい。

○ロンド K.15dの最初の部分を、16分音符を使うために少し変えている。

○春のよろこび 8分の3拍子。16分音符の練習。

○小鳥の音楽会 16分休符の練習。

ニ長調の音階と和音の練習がある。

○コスモスばたけ ニ長調の練習。

○おもちゃの行進 こういうのは難しい。

○小さな妖精のワルツ これは「こどもの謝肉祭」じゃなかったっけ。

○花のファンタジー 最初の下降のアルペジオの左右分割は1小節ずつの方がいい。何というか部分部分はそれだけにきれいだけれど つなぎ方がどうも、という感じ。ritとa tempoとオクターブ記号が出てくる。

総合評価   B

少し評価が上がりました。まあまあかなという感じ。

使えない曲が減ってきたということですね。Cランクのものも教本なら、まあ、仕方がないかという感じはあります。

最後に二曲少し難しいのがありますが、難易度は見事に揃っています。その意味では使いやすい。

しかし、いつも思うが、上等の製本の贅沢な本です。この巻になって中味がほんのちょっぴり追いついてきたか。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。