あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

すくすくミュージックスクール ピアノの学校 3   江口寿子著   全音楽譜出版社

ピアノの学校の3冊目。私は入門終了程度で読譜が追いつかなくなり挫折した子供に使用しているが、現在、この本は独力で がんばっている。

番号 曲名 作曲者 難易度 推薦
 1 和音のエチュード 江口寿子  3  
 2 むすんでひらいて ルソー  3  ☆
 3 ハイキング ドイツのうた  3  ☆
 4 あそぼう フランスのうた  3  
 5 くるくるワルツ ストリーボッグ  3  ☆
 6 まきば ツェルニー  4  
 7 そよかぜ ハリオット  4  
 8 ともだち ドイツのうた  3  ☆
 9 小さな電車 ツェルニー  4  
10 おたんじょうびのマーチ ケーラー  3  ☆
11 アレクサンダーマーチ ツェルニー  4  ☆
12 ブランコ ツェルニー  3  
13 ロマンチックワルツ グルリット  3  
14 小人のマーチ バース  4  
15 メヌエット バッハ  4  ☆

○Ⅳの和音を「ハチの和音」として紹介している。ハチは蝶を追いかけるが、蝶はハチを追いかけないと。 ここら辺はうまい説明である。(この前の編曲集にこれがわかっていない編曲があったからなあ)。

1.題名そのまま、和音の練習。曲とはいえない。

2.ⅣからⅤに移るときに注意。

3.ブービーマーチですな。

4.14のクロスが出ている。こういうことについての説明はこの本にはない。松葉のクレシェンドとディミネンド がある(これは説明つき)。最後の小節の右手43の3度がある、よくない。最後の指を321から212に変えるべき。そう変えたら推薦になる。

5.ritが出てくる。

○ト音記号上部加線の読み方が出てくる。

6.スピードは遅いが8度ポジションが出てくるし、3度のレガートもある。大分難しい曲。

7.左手にメロディーがある。これも8度ポジションがある、ということはこの段階で基本的8度ポジションを 習得させることがこの本の方針ですな。

○6度と7度の説明がある

8.わたしの「こいぬ」ですな。11~12小節の右手の指は迷うところ。この指は少々気に入らないが・・

9.これは完璧にツェルニーの練習曲。

反行形の説明がある。「ミラーのメロディ」としている。

10.これは昔から有名な曲。

11.これも有名な曲だが、作曲者がツェルニーというのは多分間違い。

○8分の3拍子の説明があるが、これは結局何を言いたい説明なのかよく解らない。

12.8分の3の練習。曲自体は易しい。

13.これも8分の3の練習。12よりは難しい。

14.これも結構あちこちに載っている曲。

15.Anh.114の前半だけ。作曲者はバッハではないことはすでに明らかになっている。

総合評価    A-

相変わらずの高評価です。マイナスがついているのは8分の3拍子の説明がやや意味不明なのと、選曲にやや偏りというか、古いなと思わせるものがあるという理由です。

とはいえ、バイエル世代の人が、40年位前に日本に紹介されていた曲のみで、これだけの教本を作ろうと思えば作れるということです。

当然この本を最も使い勝手がいいのはやはり40代以上の先生方でしょう。少し冒険やら実験やらをしてみたい先生には物足りない。

私は最近、よほどうまく読譜の指導をしない限り、普通の子には教本を2冊する方がいいのかもしれないと思うようになってきましたが、その一冊にこの本を使うことはとてもいいことです。もう一冊は新しい傾向のある本で。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。