あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

グローバーピアノ教本 2  東亜音楽社 発行  音楽之友社 発売

前に3巻を検討したグローバーの2巻。3巻は高評価でしたが、さて。

曲名 作曲者 難易度 推薦
ブルー・カウボーイ グローバー=ギャロウ  3
二つのムード メリーさんのひつじ 民謡  3
メロディ モーツアルト  3
ちょうちょう 民謡  3
しあわせ    3  
いのり ウォーフォード  3
よあけ    3  
ジングルベル ピーポント  3
歓喜のうた ベートーヴェン  3
おもちゃのラッパ    3  
子ねこのおどり    4  
メキシコのみんよう メキシコ民謡  3
メロディ チャイコフスキー  4
テクニックの練習 チェルニー  3  
賛美歌 グローバー  4  
夜の使者 グローバー  4  
反行の練習    3  
クイーンをたたえるうた グローバー  4  
ルービイ・ルー 民謡  3  
くろい子ぐま 民謡  3  
ウィナー・シュニッツェル    3  
子ぐまの行進 ギャロウ  4  
ミュゼット バッハ  2
わかれ 民謡  4  
夕ぐれの星 グローバー  3  
祈り グローバー  3  
シルバー・ベル グローバー  4  
わらの中の七面鳥 民謡  4

○ブルーカウボーイ 左が全て同じ形。グローバーはこういうのがちょくちょくある。

○二つのムード メリーさんのひつじを長調と短調で弾かせている。付点4分音符が出てくる。

○メロディ K.331の主題。これはハ長調では艶がなくなるが。

ⅠとⅤ7の和音の説明がある。

○ちょうちょう 上の二つの和音の伴奏。

半音と全音の説明があり、長調の音階の説明があり、ハ長調の音階練習曲がある。次のページでⅣの和音の説明あり。

○しあわせ Ⅳの和音が出てくる。13のクロスの練習。

○いのり 左は和音だけ。きれいな曲です。

ここでト長調の音階練習が入る。

○よあけ 起床のラッパなんでしょうな。

○ジングルベル これも左は和音だけ。

○歓喜のうた 何気にいい編曲です。

ヘ長調の音階練習が入る。

○おもちゃのラッパ 最初の右は4の方がいいと思う。

○子ねこのおどり これはヘ長調の純然たる練習曲。

○メキシコのみんよう チャパネカスです。これも何気にいい編曲。

○メロディ 第6交響曲のテーマ。

○テクニックの練習 左手の練習。

○賛美歌 3声のコラール。保持音の練習になる。

○夜の使者 不気味な感じで。

ここでト長調とヘ長調の音階練習が入る。

○反行の練習 これはほとんどハノンのようなもの。

○クイーンをたたえるうた どっしりと遅めのテンポで弾く。

8分の6拍子の説明がある。

○ルービイ・ルー アメリカの民謡でしょうかねえ。

○くろい子ぐま 32の3度がある。

ニ長調の音階練習がある。

○ウィナー・シュニッツェル かわいいアウグスティンに似ている。

○子ぐまの行進 左手メロディの練習。

○ミュゼット 簡易なしかしいい編曲。

○わかれ これも左手メロディ。8度ポジション。まあまあの曲。

○夕ぐれの星 ペダルの練習。

○祈り これもペダルの練習。

○シルバー・ベル 交差がある。

○わらの中の七面鳥 これは割と知られているから、中間部のリズムは原曲のとおりに変えてもいいと思う。

総合評価    B+

真ん中あたりが中だるみ的で、やや評価が下がったが、なかなか優れた教本であることは間違いない。

難易度が揃っているのと、学習の狙いがはっきりしているのとで、教師には使いやすい。

曲自体も前半は粒ぞろいだったが、後半ちょっと惜しかった。

グローバーはリクエストはこれで終わりだが、残りも折に触れ見ていきます。ただ結論から先に言っておくと すでに調べた2,3、巻あたりが最も出来が良かったような記憶がある。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。