あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

田丸信明編  ピアノドリーム 3    GAKKEN

2巻までは非常に慎重に進ませている、ピアノドリームの3巻目です。

番号 曲名 作曲者 難易度 評価
 1 10人のインデアン アメリカの曲  1
 2 ハッピーバースデイ ヒル  1
 3 はじまりはじまり 田丸信明  2  
 4 チクタクチクタク 田丸信明  2  
 5 ヘンゼルとグレーテルのワルツ 田丸信明  2  
 6 のぼっておりてゴールイン 田丸信明  2  
 7 かっこう ドイツ民謡  2  
 8 たのしいよる ドイツ民謡  2  
 9 ちょうちょう スペイン民謡  2
10 ぶんぶんぶん ボヘミア民謡  2
11 どうぶつむらのこてきたい 田丸信明  2  
12 わたぐもふわり 田丸信明  2  
13 まほうつかい 田丸信明  2  
14 もくばのへいたいさん フランスの曲  2
15 もりのおんがくかい スウェーデンの曲  2
16 ファンタジックパレード 田丸信明  2  
17 ふうせんのさんぽ 田丸信明  2  
18 マーチ 外国の曲  2
19 もりのきつつき 田丸信明  2  
20 はずんだボール 田丸信明  2  

1.四分音符と四分休符の名前を覚えさせる。

2.○○ちゃん、のところでフェルマータを入れてもいい。

3.左手のポジションがC~Gになる。曲自体はつまらない。

4.二分音符と二分休符の名前を覚える。曲自体はまあまあだが、5の連続というのはあまり感心しない。

5.付点二分音符を覚える。

6.全音符と全休符を覚える。

7.最初に使用する左の和音をCGとFGに決めているということなのだろうが、4小節目の空虚5度は敏感な耳には いやな感じである。理屈を先にして音楽を後回しにした典型的悪例。

8.これも上記と同じことに拘っていて、それほどいい編曲ではない。繰り返しが出てくる。

9.これはまあ使える。

10.これもまあいい。

11.fとpが出てくる。

12.シャープが出てくる。

13.フラットが出てくる。ハ短調。マイナーで魔法使いを表現したんでしょうな。

14.左右ともト長調のポジションになる。左は右の1オクターブ下で上部加線が出てくる。

15.当会の「こいぬ」の前半部分をト長調に移行したもの。

16.別種類の和音が出てくる。

17.メロディック。

18.右手が2点ハ~ホのポジション。

19.前曲と同じ。左はCGとFGだけ。

20.発表会用とあり、少し長い。まあ、面白いと思う子もいるかもしれない。

総合評価   B

全巻からワンランクアップしました。3分の1ほど推薦がありますのでそれはまあ評価できるかと。

しかしそれは結局すべて幼児用教本の定番とでも言うべき曲で、オリジナルで推薦に値するものは残念ながらないようです。

定番の曲も、伴奏形に対してのこだわりがあり、音楽を少し損なっている場合が見受けられます。

3巻の終わりでやっと難易度2の終わりくらい。進みかたが極めて遅いのも特徴です。そこを把握していると まあ、生徒によって使える教本ではあります。

これだけ進度が遅くても、たとえばト音記号の二点ポジションのときなどいきなり新しい音が3つ出てくる。 読譜には十分意を払うこと。

最近この本はやたら楽器店においてあるが、そんなによく使われているのだろうか。少々理解に苦しむ。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。