あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

田丸信明編  ぴあの どりーむ 2    GAKKEN

進度のゆっくりした教本のぴあのどりーむの2巻。ぼちぼちいい曲が出てきますかどうか。

番号 曲名 作曲者 難易度 評価
 1 かけあしゴーゴー 田丸信明  1  
 2 ちいさなかえる 田丸信明  1  
 3 おちばときのこ 田丸信明  1  
 4 カーニバル 田丸信明  1  
 5 そよかぜ 田丸信明  1  
 6 ようせいのワルツ 田丸信明  1  
 7 げんきなあさ 田丸信明  1  
 8 ゆらりゆらりひこうせん 田丸信明  1  
 9 ヤッホーヤッホーやまびこさん 田丸信明  1  
10 キラキラぼし フランスの曲  1
11 アルプスいちまんじゃく アメリカの曲  1
12 はくちょうのゆめ 田丸信明  1  
13 みつばりぶんぶん 田丸信明  1  
14 メリーさんのひつじ アメリカの曲  1  
15 もりのおんがくかい スウェーデンの曲  1
16 にじのはしをわたろうよ 田丸信明  1  
17 いるかのジャンプ 田丸信明  1  
18 こんにちはひまわりさん 田丸信明  1  
19 はげしくあめがふってるよ 田丸信明  2  
20 うみのおともだち 田丸信明  1  

「おんぷときゅうふのながさをおぼえましょう1」として4分音符と4分休符の説明がある。

1.片手奏。中央のドを中心に右はC~E、左はA~C。1巻の復習。

「らしどれみふぁをおぼえましょう」として一点ヘが出てくる。

2.右手のFが出てくる。

「おんぷときゅうふのながさをおぼえましょう2」として二分音符と二分休符の説明がある。

3.ここら辺はどう作っても同工異曲だが、かすかに工夫ありか。

4.いきなり12小節。3部形式。

「おんぷのながさをおぼえましょう」で付点四分音符の説明がある。

5.4分の3拍子。

6.ヘ長調。三拍子の2拍目に休符がある。

7.これもヘ長調。これはちょっと曲らしい。

8.ハ長調に戻る。3拍子。

「そらしどれみふぁを覚えましょう」として左手の「そ」が出てくる。

9.これもちょっぴり曲らしい。

10.ト長調のキラキラ星。別に構わないんだけれど、歌えない音域ですな。

11.ここら辺おなじみの曲が並んでいる。

12.両手奏が導入される。

「そらしどれみふぁそをおぼえましょう」として一点トが導入される。これで1オクターブ。

13.片手の4度進行がある。

14.一部両手奏。あまりでかした伴奏にはなっていない。

15.これスウェーデンの曲なんですかね。

16.両手に分けたスケールがある。

「ふぁそらしどれみふぁそをおぼえましょう」としてヘ音記号のファが導入される。

17.ヘ長調。

18.最後2小節、どちらもⅠにしているが、なぜⅤを使わないのだろう。私とは趣味が異なるようである。

19.こういうのを見ると、今の指導者の世代にバイエルの呪縛というのは等しくかかっていると思う。

20.ヘ長調。

総合評価    B-

前巻からワンランクアップしましたが・・まあ、あまり変わりません。

ほとんど難易度1、この段階のオリジナルで優れた曲を望むのは望蜀に等しい。この曲集も子どもが親しみやすい曲はオリジナルにはほとんどないようです。しかしたとえばバイエルなどよりは工夫が見られ、それなりに音楽らしい響きがあるということで、まあBかなと。

幼児相手の教本の場合、読譜を万全にしてやろうと思ったなら、進度を遅くする必要がある。しかしそうすると必然的に曲そのものの質の平均値は低下する、というところが二律背反といいますか、頭を悩ませるところです。

私が最近思っているのは、入門書を二冊使うという方式です。一冊普通の本(たとえばピアノランド、トンプソン、ラーニングトゥプレイ等)で始め、レベルの2か3くらいでもう一冊入門書を与える。普通の子の場合は進度の遅い教本、相当頭のいい子で読譜に問題がなさそうなら、進度にこだわることなしに。それでもう一冊の方は初見で使う。一回の レッスンで2、3曲。今このやり方で一人うまくいきつつある生徒がいます。

挿絵がとてもきれい。私が一番評価しているのはその部分かな。

二冊終わってまだレベル1が終わったかどうか。頭のいいこは多分物足らなくて飽きてしまう。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。