あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

初歩から学べる入門曲集 やさしいポピュラー・ピアノ・レッスン 3 橋本晃一編  ドレミ楽譜

旧 楽しいピアノレッスン おとなのためのポピュラー・ピアノ曲集 3 橋本晃一編  ドレミ楽譜

おとなのためのポピュラーピアノ曲集の第3巻。この本はポピュラーが多数収録されているので著作権の関係からか ページ数に比して値段が高かった。15年ほど経つが値段は据え置かれていて、現在ではあまり高いと思われる値段ではなくなっている。

この第3巻はステップ6,7でステップ6はベーストーン、左手がウッドベースのように単音で推移していく編曲。 ステップ7がいろいろなコードで、ほぼすべてのコードが出揃う(クラシック関係者ならあまりぴんと来ないコード まで出てくる。初期ロマン派までくらいならまず耳にすることのないような和音ですね)。
曲名 作曲者 難易度 推薦
風のささやき レグラン  7  
パッヘルベルのカノン パッヘルベル  6
マルセリーノの歌 ソロザバル  5  
「四季」より春 ヴィヴァルディ  6
「四季」より秋 ヴィヴァルディ  6  
茶色の小瓶 アメリカ民謡  7  
アルビノーニのアダージョ アルビノーニ  8  
G線上のアリア バッハ  9  
愛の讃歌 モノー  8  
ノクターン ショパン  9
エンドレス ラブ リッキー  8  
愛よ永遠に モーツアルト  9  
愛のプレリュード グノー  8
愛のセレブレイション マッサ&ゴフィン  9  
ハワイの結婚の歌 キング  8  
こんぺい糖の精の踊り チャイコフスキー  7  
リル・ライザ・ジェーン アメリカ民謡  7  
想い出のサンフランシスコ コーリー  8
愛の夢 第3番 リスト  6  
ムーンリバー マンチーニ  7
追憶 ハムリッシュ  7  
すべてをあなたに マッサ&ゴフィン  8  
イフ ゲイツ  7  
マイ・フーリッシュ・ハート ワシントン&ヤング  8  

○風のささやき ベースはところどころ指換えをする方が良い。

○パッヘルベルのカノン 短い。

○マルセリーノの歌 これ、アウフタクトなんでしょうかね。

○春 左手が超簡単だからこんなもんでしょ。

○秋 「しっとりおちついて」いるとは私は思ったことないんだけどなあ。

○茶色の小瓶 この巻では初めてのジャズっぽい編曲。左手はレガートにしない方が良い。

○アルビノーニのアダージョ これはしっとりと弾きたい曲で、この編曲でそう弾くには相当の腕前が要る。

○G線上のアリア 雰囲気だけという感じ。

○愛の讃歌 これは、特に中間部を簡単に編曲することが難しい曲。

○ノクターン 2番、Cに移調してあるが和声はほぼ原曲どおり。トリルの指は12とあるが13の方が多分やさしい。

○エンドレス ラブ 原曲がそもそもそれほど良い曲とは思えない。

○愛よ永遠に 交響曲40番の冒頭。9小節から10小節目の左手の移行が、やや弾きにくいかな。

○愛のプレリュード グノーのアベマリア。

○愛のセレブレイション 大好きという人はいるんでしょうね。編曲に問題はない。

○ハワイの結婚の歌 軽い編曲です。

○こんぺい糖の精の踊り 個人的には4段目をもう少し分厚くしてほしい。

○リル・ライザ・ジェーン ゴスペルですな。こういう曲の雰囲気はなかなか日本人には出しづらいかもしれない。

○想い出のサンフランシスコ 左のアルペジオを美しく聞かせるには相当の力量が要る。

○愛の夢 これは大分易しいと思う。

○ムーンリバー このレベルの編曲では最上に近いと思う。

○追憶 これはまあ、並の編曲。

○すべてをあなたに 原曲自体が私はそんなに好きではないので準推薦。

○イフ こういうのをしみじみと聞かせられるようになれば、相当音色に対して敏感といえよう。これも準推薦かな。

○マイ・フーリッシュ・ハート この曲の好きな人にはお勧めの編曲。

総合評価   B+

ちょっぴり評価が下がった。編曲のせいか原曲のせいかは何ともいえない。

最大の理由は、教本に近い形式をとっていて、各ステップごとに履修の目標が定まっているために、技法が制限されている、その技法では微妙に編曲自体が最大の効果を発揮しない、ということにあるのであろうと思う。もう少し自由に編曲すれば Aであっただろうが、これはやむをえないのかもしれない。

私のさほど好きではないポピュラー曲がこの巻には多数あったというのも理由である可能性がある。

難易度的にはバイエル終了程度、大人なら必死にやればいきなりこれくらいは弾ける、ということで大人の生徒に発表会で好きなの弾きなさいと渡すことが出来る。

もちろん1巻から順にこなしてきてここまでくれば、ポピュラー曲に良くある奏法には相当習熟したことになる。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。