あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

みんなのオルガン・ピアノの本 3  ヤマハ音楽振興会編   

第3巻。この巻から普通の本と同じサイズになる。曲の並べ方はメトードローズと同じような感じで、左のページに 練習課題、右のページに楽曲。

番号 曲名 作曲者 難易度 評価
 1 かわいいピアニスト ツェルニー  3  C
 2 ダンス 外国曲  3  C
 3 おしゃべりオウム アメリカ民謡  3  B
 4 ワルツ バイエル  3  C
 5 おやすみ 外国曲  4  B
 6 お人形の子もり歌 エステン  4  B
 7 おもいで ベイリー  3  A
 8 はじめてのかなしみ シューマン  3  A
 9 かわいいアウグスティン スワビア民謡  4  A
10 子もり歌 外国曲  4  A
11 なかよし ドイツ民謡  4  B
12 かわいいミュゼット 外国曲  3  A
13 人魚のうた ウエーバー  4  A
14 ハイジブンバイジ チロルの歌  4  B
15 ロシアのおどり ロシアのメロディー  4  B
16 グリーグ  4  A
17 こいぬ 外国曲  4  C
18 かけあし ツェルニー  4  C
19 メロディー 外国曲  3  C
20 ラ・クカラチャ メキシコ民謡  5  A
21 ドナウ川のさざなみ(連弾) イバノビッチ  4  A
22 ハイキング(連弾) 外国曲  4  B

○最初に八分音符の練習がある。

1.いかにもツェルニー。

○もう一回八分音符の練習

2.これもツェルニー的

○ト長調の練習と、その次に指変えの練習とあるがこれは縮小の練習ですね。

3.分散7度が出る。

○付点四分音符の練習。

4.バイエルの48番。これ、ワルツですかね。

○八分音符の左手練習。 アルベルティバスの練習。練習曲に「きらきら星」がある。難易度3、評価A。 8小節目後半左5134は5124の間違い。作曲者モーツアルトも間違い。

5.分散8度がある。スラーがかかっているが子どもにはまず無理。10小節左頭41とあるが51で良い。

○二重音の練習

6.人形の夢と目覚めの「子守り歌」の交差を省いたもの。3度のレガートは難しい。

○指換えの練習。

7.「ロングロングアゴー」

○イ短調の練習。練習曲でバイエルの60番がある。難易度4、評価A。

8.なかなか良い編曲です。

○拡張の練習とヘ長調の練習(前に7度も8度もすでに出てきているが)

9.3拍目と1拍目をつなげないように。

指くぐりの練習(12のクロス)とニ短調の練習。

10.エレクトーンでも弾いてみようとあるが、確かにエレクトーンの方が良いかもしれない。

○8分の3拍子の練習

11.8分の6より先に8分の3がある。この本を使う場合は、それに合わせて説明すべき(8分の6は8分の3を 重ねたもの)。

○練習曲にバイエルの66番。難易度4、評価A。

12.メトードローズのものを微妙に修正している。私は修正しない方が良いとおもう。

○拡張の練習と8分の6の練習曲。

13.13のクロスがある。

○保持音の練習

14.最後の段のドミドのメロディはドレドじゃないかなといつも思う。

○スタカートの練習

15.保持音とスタカートがある。

○和音の練習

16.4段目右413とあるが313、次の424は413でもいい。

○左手の練習と左手にメロディーのある練習曲。

17.これも左手にメロディーがある。最初の右手の和音をスタカートで弾くのが初心者には難しい。

○拡張の練習と和音の練習

18.むちゃくちゃゆっくりだが、一応8度ポジションがある。3度のレガートもある。

○レガートの練習がある

19.レガートの練習だろうが、曲としてはつまらない。

○拡張練習と左の和音の練習。

20.一部メロディーを変えている。

21.secondは難易度4。

22.secondは難易度5。ディアベリの連弾曲集に似ている。

総合評価   B

このシリーズは、この巻が最も評価が低い。ただし絶対評価的ではなく相対的にです。つまり難易度3より上になると 他の教本がぐっと良くなる。にもかかわらずこの本はこれまでとあまり変わらないのです。いいものがそこそこある、くらい。

各曲の前に練習課題、練習曲があるので教師は指導しやすい、ただし全部するとなると、生徒にはつまらないものが 格段に増えるということになる(曲として使えるものは記しておいた)。そこのバランスをどうとるかは考えるところ。 私は一時この本を使っていたが、左ページはほとんど使わなかった。

前の巻のときにも言ったが、バイエルを保守的とすると、やや保守的くらいの感じ。近代以降のものは全くなく 古典~ロマン的感性でまとめている。昔からの先生にはとても使いやすいだろうが、新しいものを入れたいと考える先生には 不満が残るかもしれない。特にこの3巻はバイエル的なものがやや多く、その意味でも少し評価が下がった。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。