あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

みんなのオルガン・ピアノの本 1  ヤマハ音楽振興会編   

初版がいつであるか定かでないのだが、私がピアノの先生を始めたころにはもうあったような気がするし、題名からして 「ヤマハオルガン教室」(御存知ですか)用として最初作られたことは確かであろう。結構ファンの多い入門書である。

番号 曲名 作曲者 難易度 評価
 2 ど のおけいこ  1  D
 3 おつかいありさん  1  C
 4 あひるのこ  1  C
 5 ちらちらこゆき  1  B
 6 おるすばん  1  B
 7 おやまのがくたい アメリカ民謡  1  A
 8 ほたる わらべ唄  1  A
 9 ヨット  1  C
10 たいこ ハイドン  1  A
11 10人のインデアン アメリカ民謡  1  A
12 ドナルドおじさん アメリカ民謡  1  A
13 のりもの  1  A
14 ピアノのおけいこ バイエル  2  D
15 ふうりん バイエル  2  D
16 おちば  2  C
17 おどり  2  B
18 たんぼのなかのいっけんや アメリカ民謡  2  A
19 かざぐるま  2  C
20 トロイカ 外国曲  2  B
21 ぶんぶんぶん ボヘミア民謡  2  B
22 ちょうちょう ドイツ民謡  2  A
23 すずのへいたいさん 外国曲  2  A
24 おうま 松島つね  1  A

最初に「いろぬり」がある。音符の位置の勉強で曲ではない。なおこの図は非常に良い。他の教本を使う場合でも 適宜、これと同じような図をノートに書いて説明してやるといい。

○2.真ん中のCを右で弾いたり左で弾いたり。先生が即興で伴奏でつけてやるといい。繰り返しが出てくるが さすがに長すぎると思う。

○3.右手にD、左手にH。4分休符登場。

練習曲1が入る。

○4.右手にE、左手にA。練習曲2が入る。イ短調。

○5.右手にF、左手にG。8小節。練習曲3が入る、こちらは4小節。

○6.だんだん淋しくなってくる、という表情までつけれたら非常にセンスがある。

練習曲4,5が入る。D.Cが出る。音域の拡大がいったん止まり、ここまでの復習という感。

○7.1オクターブ使えるとこういう曲が可能となる。

練習曲6,7が入る。曲としてもB評価。

○8.出来る生徒には「あまいぞ」のところに、Cを補ってもいい。練習曲8,9が入る。休符の練習。

○9.3拍子。右手にG。二分音符登場。練習曲10,11が入る。11はバイエルの42番のメロディー。

○10.2拍子。

○11.音域が一気に広がる。ヘ長調だが黒鍵は使わない。練習曲12があるが、読譜のためにさらに手段を 講じる必要があるだろう。

○12.両手奏。左手上部加線が出る。練習曲13は両手奏の練習。

○13.最後の左をドドドにするほうが良いと思う。練習曲14は「ブービーマーチ」で評価A。

○14.バイエルの8番。こういうところでバイエルに尻尾を振っているなあ。

○15.バイエル9番の一部。練習曲15あり、同様につまらない。

○16.バイエル的。イ短調。右手下部加線。似たような練習曲16もある。

○17.メトードローズの「ブーレ」を微妙にいじっているが、改悪。左のリズムが良かったのですよ。 練習曲17あり。

○18.ポジションの移動あり。練習曲18がある。どうってことない。

○19.これもバイエル的。練習曲19。

○20.これ、どこの曲なんでしょうね。練習曲20はバイエル41の移調版。

○21.こういう編曲は簡単なようだが5指の連続ということで、あまりお勧めではない。

○22.これも21と同様の欠陥があるが、もうあまり言うまい。

○23.シンコぺーション。

○24.連弾。最近の子供はこの曲を知らない子が多い。

最後にハ長調の音階とカデンツがある。

総合評価   B+

表を見ると評価Aの比率が結構高いのにどうして、と思われるかもしれないが、表には「練習曲」が含まれていない。それを含むと、半分くらいになる。練習曲は一部を除いてつまらないが、それをしないと少し曲数が足らない。

それからオリジナルでいいものがない。あちこちの親しみやすいメロディーをうまく取ってきて初心者用に編曲している。それがこの本の最もいいところであるが、この本の編者がおそらくバイエル世代で、オリジナルがバイエルのつまらないものと同工異曲ばかり。良いものと悪いものとの落差が大きいのが欠点であろう。

作成年代を考えると良くできた教本だといえる。30年前ならば、この本はトンプソンと並んで入門者用最右翼に挙げられたであろうが、今となっては少々その価値が減じた。

「ピアノランド」や「ラーニングトゥプレイ」などのオリジナルが優れた教本と併用してつまらないものは全部パスして使うというのが一番望ましい。

もし単独で使う場合には11番で音域が一気に広がる点に注意。別に読譜の練習を充分取らないと消化不良のままで先に行ってしまう危険性大。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。