あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

ふよみとテクニック アキ ピアノ教本 3 呉 暁編著 大社玲子絵   音楽之友社

アキ ピアノ教本の最終巻です。5~8歳用となっています。

アキ ピアノ教本3
番号 曲名 難易度 評価
 1 かけっこ  3  C
 2 クッキー  3  C
 3 ならんだりはなれたり  2  C
 4 へちょうちょうの練習  2  B
 5 メリーさんのひつじ  3  A
 6 くもりぞら  3  C
 7 ユニゾンとカノン  3  B
 8 へちょうちょうのカノン  3  C
 9 こりすの木のぼり  3  C
10 たんじょうびには  2  C
11 ハたんちょうのれんしゅう  3  B
12 トちょうちょうのばんそう  3  C
13 山のおんがくか  3  A
14 やさしい気持ち  3  B
15 ピンクのフリル  3  C
16 ロンドンブリッジ  3  A
17 むすんでひらいて  3  A
18 ぽかぽかおひさま  2  B
19 大きなくりの木のしたで  3  A
20 かっこう  3  A
21 ひとりぼっち  3  B
22 こもりうた  3  C
23 どようび  2  C
24 にちようび  2  C
25 メリーさんのひつじ  3  A
26 きらきら星  3  B
27 アーユースリーピン  3  A
28 ふゆがくる  3  B
29 ハイキング  4  B
30 ゆうがなワルツ  3  B
31 きれいなひびき  4  B
32 こぎつね  3  A
33 げんきのない日  3  B
34 山の上でヤッホー  3  B
35 いたずらっこ  3  B
36 たのしい気分  4  C

1.フレーズの切れ目は離した方がいい。

3.対位法的扱いかな。

4.ヘ長調の練習。

5.ヘ長調のメリーさん。アメリカ民謡

6.ニ短調。

7.ト短調。カノンがうまくはまっている。

8.ヘ長調のカノン

10.終わり方が少し気になる。

11の後にニ長調の左手下降音階の練習が入る。

12.で、これはニ長調ではない。

13.ドイツ民謡。呉さんが作詞しているが、よく歌われているものを先に教えるべきでしょうね。

14.ここでニ長調です。

15.付点4分の練習。同じ練習課題を、少し間をおいて何度も出してくる。

16.イギリス民謡。英語の歌詞そのまま、これはでも歌える。

17.ルソー作曲。ニ長調。

18.連弾。難易度はprimoもsecondも同じ。

ここでト長調の左下降音階の練習が入る

19.イギリス民謡。

20.ドイツ民謡。ト長調。

21.バイエル43番に似ている。

22.これも付点4分の練習。ニ長調。

23.やや対位法的。

24.ホ長調。

25.5と同じ曲を今度はニ長調で。

26.あまりいい伴奏とは思えない。

27.フランス民謡。これも英語そのままの歌詞。

28.ト短調。

29.総合練習に近い。

30.「ゆうが」の説明が苦しい。

31.3度のレガートあり。

32.ニ長調のこぎつね。

33.ハ短調。スタカートはあまり短くない方がいい。

34.8分の6がこれ一曲というのは疑問。

36.総合練習。保持音あり。

総合評価   C+

よく知られた曲が多数入っていて、まあ使えるのでC、ただはっきり言って呉さん自らのオリジナル曲にたいしたものがない。基本的にバイエルと同工異曲。言ってみれば これだけ色々なものが出回っている現代から突然60年代にタイムスリップしたような感がある。このレベルになってくるとまだしもむしろバイエルにいいものが出てくる。

子どもの夢を育むような曲がたとえばピアノランドに比べるとほとんどないし、ミュージックトレーンに比べても少ないと言えよう。 ロマン派的色彩感のある曲がないんですな。作曲者の限界としか言いようがない。

使うのならば、どちらかといえば飲みこみの悪い生徒用。もしくは別の主教材を使っていて、読譜を完全にするために 少し易しい目の教材として、与えるという形でしょう。

評価すべきは同じテクニックを何度も何度も出してくるので、自然に習得できるという点。先生には使いやすい本です。

この方の最も評価されるべき本は「4歳のリズムとソルフェージュ」「5歳のリズムとソルフェージュ」です。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。