あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

ふよみとテクニック アキ ピアノ教本 2 呉 暁編著 大社玲子絵   音楽之友社

アキピアノ教本の2巻です。進み方のゆっくりした教本、クロスの出現が他のどの教本よりも早い、といった特徴が が前巻で見受けられました。この第二巻は5~8歳用となっています。

アキ ピアノ教本 2
番号 曲名 難易度 評価
 1 たいこのマーチ  2  A
 2 みんないいこ  2  B
 3 ワルツのれんしゅう  2  C
 4 ねずみのダンス  2  C
 5 たのしいな  2  C
 6 タップダンス  3  B
 7 ひだりての3ど
 8 ゆきがふってきた  2  B
 9 ジングルベル  3  B
10 たんちょうとちょうちょう  2  B
11 りょうてのおんかい  3  B
12 ならんであるく  2  C
13 となりのねこ  2  C
14 ラッパのれんしゅう  2  B
15 ぼくのかさ  2  B
16 きのうあめふった  2  B
17 きょうはいいてんき  2  B
18 4どのれんしゅう
19 おきゃくさん  2  B
20 連弾 ワルツをおどろう  2  C
21 のぼっておりる  2  D
22 ひとりでしずか  2  C
23 みんなでにぎやか  2  C
24 2ど・3ど・4ど  2  C
25 ローラースケート  2  C
26 あとからおいで  2  D
27 トランポリン  2  B
28 みんなでマーチ  3  C
29 てくてくあるく  2  C
30 ユニゾン  1  B
31 すみれいろのセーター  2  C
32 おおきなくるみの木  3  B
33 すべりだい  2  B
34 カノンのれんしゅう  2  D
35 チューリップ  3  A
36 ふてんリズム  2  C
37 ゆびのれんしゅう
38 ちょうちょう  2  B
39 ニちょうちょうのカノン  2  C
40 くじらのかあさん  2  C
41 たんちょうのこもりうた  2  B
42 ボールあそび  3  B
43 むかしのおはなし  2  C
44 ありんこのマーチ  2  B
45 かるがもかあさん  3  B

1.こういう右手の連打は押し付けないように。ほとんどスタカートでいい(たいこのようにと言う)

2.「いいおかお」という絵本の紹介がある。この本を使うのなら教室に置いてもいいだろう。

3、4.ニ短調。

5.重音が出る。

6.やや本格的な曲、3拍子のまとめと言う感じ。ポジションの移動。

7.これはまあ指練習のようなもの。

8.ハ短調。

9.ピアポント作曲。重音の技術習得に意を払った編曲。

10.ニ短調とニ長調を比較している。

11.反進行の音階。リズムで曲らしくなる工夫をしている。

12.同じ動機ということを分からせようとしているんでしょう、曲としてはいまいち。

13の後に、右手ニ調長音階が入る。ハ長調の次にニ長調というのがユニーク。

14.右はやや難しいが左は簡単なのでやはり難易度2.

15.で、14じゃなく15にニ長調の曲があります、ようわからんな。

16、17.これもニ長調とニ短調の違い。6度があるが、易しい。

18.これは純然たる練習。

19.歌詞のおかげで評価Bという感じ。

20.primoもsecondも易しい。両方させるんでしょうな。

21.たとえばトンプソンなら1巻のごく初めのほうにこういう感じの曲がある。さすがに進み方が遅すぎるのではなかろうか。

22,23.同じかたちのハ短調とハ長調。

24.面白いと思う子もいるのかな。

25.6度ポジション。

26.対位法の予備練習。

27.トンプソン1巻の1番をバイエル的にしたようなものとでもいおうか。

28.久々にクロスがある。「もりのなか」という絵本の紹介がある。

29.音域も違うし8分音符も出ているのだが、バイエル(前半)的といわざるをえないか。

ここでト長調の右手音階。どうもこの順番はよく分からない。ト長調で加線を出すということでしょうかね。

30.ト長調基本ポジションのユニゾン、易しい。

32.ハ長調に戻って、曲らしい曲。

33.ヘ長調。フラット登場。

34.カノンの練習、そのまま。

35.井上武士作曲。やや対位法的な伴奏。

36.ジングルベルで出てきていたが、付点四分の練習。

37.指練習です。

38.この「ちょうちょう」を子どもが面白いと思うかどうか。

39.12のクロスあり。

40.ヘ長調は少しひきにくい。

41.イ短調。

42.付点四分。

43.ニ短調。

44.音符の形を「ありんこ」に見立てている。

45.バイエルの中のやや出来のいいものという感じ。「かもさんおとおり」という絵本の紹介がある。

総合評価   C

1巻と言うことはあまり変わりません。評価が少し落ちているのは、難易度2から3では他の本ではもう少し子どもの喜ぶ曲の比率が高いからです。

感じることは、感性で作っているのではなく頭で作っているなということです。教師からみればすごく分かりやすいし、使いやすいでしょう。しかし、おそらく子どもの感性とは合わない。呉さんはミクロコスモスを評価しているようで、念頭にそれがあったかもしれませんが、客観的にみればむしろバイエルに近い。いっそのことミクロコスモスくらい現代の響きに徹していれば、また別の評価になったかもしれません。

教師を選ぶ本でしょう。教師が熱意を持って教えるのなら、子どももついてくる可能性はあります。曲自体、音楽自体の魅力で自然に子どもが好きになるように、とお考えの先生はやめたほうがよろしい。

1巻でも書きましたが、やや進み方の遅い生徒にはよろしい。私の予想に反してこの巻でも大半まだ難易度2です。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。