あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

ゆめのミュージックトレーン ピアノ・エチュード 2  成田剛   音楽之友社

 「ゆめのミュージックトレーン」シリーズの4冊目。これまでのところ2冊目(ピアノさん、こんにちは②)が一番出来が良い。これはどんなものでしょう。

番号 曲名 難易度 評価
 1 朝のあいさつ   3  C
 2 もらわれていった子猫   3  B
 3 仲良し みんなあつまれ   4  A
 4 エスカレーター   4  B
 5 お星さま お願いひとつ   4  B
 6 小さいときに乗った三輪車   4  B
 7 しずかに雪のふる夜   4  B
 8 魔法のじゅうたん   3  A
 9 かけっこでころんじゃった   3  C
10 森の教会   4  C
11 小犬のさんぽ   4  C
12 宇宙きち   4  B
13 魔女の踊り   5  B
14 アルプスに咲く 小さい花   4  B
15 オルゴール   5  B
16 魔女の住む森   4  A
17 おんぼろバスが走る   4  B
18 おもちゃ箱にねむる人形   4  A
19 たのしい夜   4  A
20 空を飛んだ夢   4  A
21 セーラ-服の水兵さん   4  B
22 ふなでの歌   4  C
23 スペインの歌   5  B
24 どんぐりの好きな子リス   4  B
25 森の妖精の笛   4  B
26 雨の日   4  C
27 おばあさんの こどものころのお話   3  C
28 小鳥さん おはよう   4  B
29 赤ちゃんのひとみ   4  B
30 風にゆれる 白いブランコ   4  B
31 ウィンナ・ワルツ   5  C
32 お誕生日の夜   5  C
33 夕べの祈り   5  C
34 いたずら好きな小人   4  B
35 ヤッホー!   4  C

1.朝のあいさつ チェルニーっぽい。

指のたいそう 1

2.もらわれていった子猫 イ短調。属和音で終わる。 

3.仲良し みんなあつまれ 6度の練習。良い曲です。

4.エスカレーター  スケールの練習。5小節目左1となっている、4にして次でポジションをかえる方が楽なのだが、意図的に51の縮小を狙っているかもしれない。

指のたいそう 2 和音とペダルの練習。この段階でペダルがいるのは相当年長の生徒だろうなあ。なおペダルの踏み方の説明は「工夫しましょう(ニガワラ)」おいおい、初心者に工夫させるんですか、つまり先生に委ねられるってことね。 

5.お星さま お願いひとつ ペダル必須。ということでペダルが使えない人はパス。

6.小さいときに乗った三輪車 スタカートの練習。ヘ長調。

7.しずかに雪のふる夜 これはペダルなしでもいい。

指のたいそう 3  14の縮小の練習

8.魔法のじゅうたん 後半の複調が以外に面白い。

9.かけっこでころんじゃった バイエル56のパロディ。

指のたいそう 4  これは何の体操でしょうね? 一応アルベルティ・バスの練習かな。

10.森の教会 これはペダル必須。交差の練習。

11.小犬のさんぽ これもややチェルニーっぽい。

12.宇宙きち 「きち」は漢字が良いと思うよ。4段4小節目左CFA、私なら全部フラット付けるけどなあ。

指のたいそう 5  ハノン的なもの  15の縮小。

13.魔女の踊り 左にメロディー。割と良い曲なんだけどなあ。こういっちゃ何だが終わり方が思いつきの域を出ていないような・・

14.アルプスに咲く 小さい花 3段4小節目右1212とあるが、1234で次が1、そして3の方が良いんじゃないかな。

15.オルゴール 3連符と交差の練習。速さ次第だが後半はやや難しい。

16.魔女の住む森 ゲーム音楽っぽい。成田さんにしては珍しい。

指のたいそう 6  Cdurのスケールとカデンツ。

17.おんぼろバスが走る トンプソンの「特急列車」のパロディー。最後の和音をなぜ変えたんだろう。

18.おもちゃ箱にねむる人形 バイエルの60番そのまんま。この曲名ふさわしいかなあ。

19.たのしい夜 これもバイエル66そのまま。どうも曲名のセンスは疑うなあ。

指のたいそう 7  ハノン的。

20.空を飛んだ夢 2段目がきれい。ペダル必須。

21.セーラー服の水兵さん グローバーの併用曲集の「海兵隊賛歌」のパクリ? 本家の方が出来は良い。

22.ふなでの歌 左にメロディー。和音の連続の練習。

指のたいそう 8  3度の練習。

23.スペインの歌 それっぽく弾こうとすると出だしは大分難しい。

24.ドングリの好きな子リス もう終わり? という感はある。

指のたいそう 9  Gdurのスケールとカデンツ。

25.森の妖精の笛 美しいがペダル必須。

26.雨の日 バイエル68,69の拡大短調版バージョン。

27.おばあさんのこどものころのお話 バイエル55をイ短調にしたもの。

指のたいそう 10  ハノン的。 

28.小鳥さん おはよう バイエル的だがさわやかで割と感じが良い。

29.赤ちゃんのひとみ 最後の転調を効果的に弾くためにはうまくritかつdimすること。

30.風にゆれる白いブランコ これもややバイエル的。

指のたいそう 11  a mollのスケールとカデンツ。 

31.ウィンナ・ワルツ 少々野暮ったい気もする。最後の左21とあるが12でしょうね。

32.お誕生日の夜 3度クロスがある。

33.夕べの祈り ペダル必須。あまり出来が良いとは思えない。 

指のたいそう 12  ハノン的。51の縮小。

34.いたずら好きな小人 お終いの方の短2度が「いたずら」なんでしょうな。

35.ヤッホー 一応三度の練習なんでしょうな。

総合評価   B-

 少し評価が落ちてきました。

 バイエルそのまんまが2曲あり、明らかにバイエルを模したものが3曲あり、他にもバイエルあるいはチェルニーっぽいものがあります。

 バイエルの50~70番あたりに比べて平均するとやや上かなくらいでしょう、しかしこの調子なら次の巻ではバイエルの方が良いんじゃないかな、になりかねません。

 成田さんは結局のところバイエル世代なんでしょうね、根本にある音楽の骨組みみたいなものがバイエルによって作られているという感がします。で、その欠点の修正は出来るが、しかしそこまで、という感じ。

 そういう感想を次巻で覆してくれることを期待します。

 今のところ「ブルグミュラーの練習曲を小さくしたようなもの」という本人の意図と出来映えに、大分隔たりがあるような気がします。

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。