あるピアニストの一生

ピアノ教材研究 教本 

 

成田剛 小さなピアニストの ピアノ・エチュード 1  音楽之友社

 ワードさんのリクエストにより成田剛さんの「ピアノ・エチュード」を取り上げます。ほとんど成田さん自作のもののようです。なお1番は音符と鍵盤の関係を答えさせるもので曲ではない。

番号 曲名 難易度 評価
 2 ゆびさんのうた   1  C
 3 ピアノさん こんにちは   1   B
 4 いち に さん   1  C
 5 ねずみのひっこし   1  C
 6 コアラのあかちゃん   1  C
 7 まつりの たいこ   1  C
 8 うぐいす   1  C
 9 うんぱっぱ   1  C
10 かっこうのなくころ   1  B
11 わしは おうさまだ   1  B
12 わおんの ひびき   2  
13 みぎての ダンス   2  A
14 とおいくにの おはなし   2  B
15 ふたりはなかよし   2  C
16 まほうの じゅもん   2  B
17 へおんきごうは おとうさん   2  C
18 くまの へいたいさん   2  B
19 とけいやさん   2  C
20 バッタの ジャンプ   2  C
21 ぞうの ダンス   2  C
22 ことりの うた   2  B
23 むらの きょうかい   2  C
24 おっとせいの おどり   2  C
25 こどものかえると おとなのかえる   3  C
26 へびつかいの ふえ   3  C
27 わたしの 小さな マスコット   3  B
28 さよならの うた   3  B
29 わおんの ひびき Ⅱ   2  
30 フランス人形   3  B
31 もうすぐ 春だよ   3  B
32 そりにのった サンタクロース   3  C

2.指番号を教えるためのもの? 中央のCとD 

3.右手練習。Eが出てくる。スタカートとスラーが出てくる。

4.右手練習。重音が出てくる。

5.Fが出てくる。

6.Gが出てくる。左手練習。

7.右手、両手。

8.別々に奏する両手。

9.両手。右手が3の指でG。左手が加線のHからF。この本は指と音が固定化しないように気を配っている。これは非常に大切でとてもいいことである。この題名はかの有名な「うんぱっぱ」かと思ってしまう。

10.右手だけ。分散6度がある。

 この後に和音の練習が入る。重音はともかく和音は手の小さい子にはあまり早くから与えるべきではない(手の小さい人は大きくなるまで待てとは書いてあるが)。最初から和音という教本もあるが。

11.音域D~Aのニ短調。別々の両手。

12.文字通り和音の練習、カデンツを弾くだけで曲とはほとんど言えないので評価はなし。難易度も非常に困ったが、私としては和音を弾くということは、さほど易しいことではないと思うので(特に3種類あることだし)2.

13.6度ポジションの練習。ただし右手だけ。H,C登場(右手の1オクターヴが揃う)。曲そのものは割と面白いが妙にアンバランスな気がするのは私だけか。

14.歌詞が子どもの興味を呼びそうなのでB、少々おまけ。やっと普通の両手奏となる。

15.バイエルの11番。2点ニホが出てくる。この本はおおむねそうだが、これにも伴奏が付いている。

16.伴奏の右手2音目EisになっているがDisの間違い。下の加線のA登場。なお「ソルフェージュ」で低いので無理に声を出さなくていいとあるが、最近このくらいがちょうどのこどもたちの方が多い。

17.ヘ音記号登場。一度にCからGまで。余分にヘ音記号のソルフェージュを必ずすること。これだけ一度に出されるとよく解らぬままに先に進んでしまうことになりかねない。

18.強弱記号が出てくる。Eを全部Esに変えちゃうと素敵な曲になると思うのは私だけかな。

19.右手にポジションの移動。

20.ヘ音記号の下のHが出てくる。

21.左手にメロディ。

22.ヘ音記号のAから上の加線のDまで。メトードローズの「小さい円舞曲」に似ている。

24.バイエル33番をCに移調して、原曲のユニゾンから、右手メロディ、左手伴奏に変えたもの。原曲の方が良いと思う。

26.シャープ登場。a moll。ヘ音記号上の加線のE登場。

27.同じくa。

28.左手に分散7度があり、難しい。

29.これも曲とは言い難い。

30.バイエル42番を対位法的に処理したもの。

31.4段最初の小節3拍目右、1か2かは迷うところ。

以上の32曲以外に、トレーニングが10課題、ピアノソルフェージュが19課題ある。前者は指の体操、後者は読符訓練用の初見課題のようなもの。

総合評価   C

 作品集かと思ってましたが(私が手に入れたのは20年ほども前で、ほとんど記憶が残っていなかったので)、これはきちんとした教則本です。

 中央のCでスタート、上のEまでト音記号で10音出てからヘ音記号に入る方式。

 他の教則本と異なるのは、

 ①重音、和音の導入が速い。

 ②6度ポジションの導入が速い。

 ③指番号と音が一致しないように工夫している。

 ③は良いことです、①②については各論あるところですが、私としては和音の導入は幼い子には早すぎると思う。

 ものすごく広い意味でバイエルの改良版という感じがします。①②③で挙げたように形式的にはバイエルとまるで異なります。そして曲もバイエル前半の陳腐なものよりは平均してよほど工夫されています。しかし・・その書法は結局お釈迦様の手のひらを出ていないというか、バイエルで使われている書法にとどまっているのです(言い悪いは別問題)。

 そしてそうである限り、難易度1,2というこの段階では、相当進度の速い子でない限り、子どもにある種の”飽き”が来ることが避けられない気がします。

 前に検討した「ピアノランド」が優れているのは、書法的にバイエルの枠内を抜け出ているからです、1曲1曲が斬新に聞こえる。この「ピアノエチュード」はそうはなっていない。

 逆に言えばやや保守的な先生、バイエルはさすがに欠点が多い、しかしアメリカ系の5線で始まらない教本やら、「ピアノランド」やらにはどうも抵抗があるという先生にはぴったりかもしれません。バイエルと同系のややましな曲が並んでいて、バイエルより欠点が少ないからです。

 全般に進度がやや速い。小学校2,3年で入門してきた子供に向いている。あるいは他の教本で4苦8苦しているこどものsecond教本、として使える。

 なお成田さんには優れたソルフェージュ教材がある。

 このシリーズ、おそらく1巻は最も入門書として困難な箇所だけに、ここだけで評価を下されるのは不本意であろう、少なくともあと一冊は調べます。なお当初「作品集」と思っていたので教本であるにもかかわらず方針と異なり、表をつけてしまい、面倒なのでそのままにしておきました。2巻以降は例によって別に記載するかもしれません。 

トップへ戻る   1つ上に戻る

© 2015- 田所理央 ご意見・ご感想は t.masato@mathemarimo.bird.cx までお願いいたします。